Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スコルディスキ(Scordisci、ギリシア語: Σκορδίσκοι)はケルト系古代民族の1つで、ローマ属州のパンノニアからモエシアにかけて、現在のセルビアのサヴァ川がドナウ川に合流する地点やクロアチアのドラーヴァ川がドナウ川と合流する地点などに居住していた。特に紀元前3世期初めから紀元前後まで歴史に名を残している。最盛期には、現在のオーストリア、クロアチア、ハンガリー、セルビア、スロベニア、スロバキア、ボスニア・ヘルツェゴビナにまたがる領域を版図としていた。スコルディスキという名称はイリュリアとパイオニア王国の間(現在のコソボとマケドニアの国境あたり)にあった Scordus と呼ばれた山 (en) と関係する可能性がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2070479 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53834879 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スコルディスキ(Scordisci、ギリシア語: Σκορδίσκοι)はケルト系古代民族の1つで、ローマ属州のパンノニアからモエシアにかけて、現在のセルビアのサヴァ川がドナウ川に合流する地点やクロアチアのドラーヴァ川がドナウ川と合流する地点などに居住していた。特に紀元前3世期初めから紀元前後まで歴史に名を残している。最盛期には、現在のオーストリア、クロアチア、ハンガリー、セルビア、スロベニア、スロバキア、ボスニア・ヘルツェゴビナにまたがる領域を版図としていた。スコルディスキという名称はイリュリアとパイオニア王国の間(現在のコソボとマケドニアの国境あたり)にあった Scordus と呼ばれた山 (en) と関係する可能性がある。
rdfs:label
  • スコルディスキ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of