Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スコットランド音楽とは、グレートブリテン島北部ならびに島々からなるスコットランドの音楽である。その伝統音楽のいくつかは国際的によく知られており、そのまま、あるいはスタイルを変更された形で広く好まれており、いくつかは伝わった先の土地の地の音楽と誤解されながらも愛されている。諸外国の音楽から受けた影響も数多く見受けられるが、その伝統的な特徴は色濃く残されており、多くの音楽に影響を与えてきた。特にアイルランドとは民族的に近く、交流が盛んだったこともあり、音楽的にも類似点が非常に多い。スコットランド伝統音楽における代表的な楽器はバグパイプであり、同国において5世紀頃にはその原形が存在し、古くから中心的な役割を担ってきたが、そのルーツはアイルランドであり、さかのぼれば中東にその起源があるといわれている。スコットランドでもっとも多く使われるのはグレート・ハイランド・バグパイプだが、同国には他にも数種類のバグパイプが存在する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 903463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2042 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 28 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58600775 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スコットランド音楽とは、グレートブリテン島北部ならびに島々からなるスコットランドの音楽である。その伝統音楽のいくつかは国際的によく知られており、そのまま、あるいはスタイルを変更された形で広く好まれており、いくつかは伝わった先の土地の地の音楽と誤解されながらも愛されている。諸外国の音楽から受けた影響も数多く見受けられるが、その伝統的な特徴は色濃く残されており、多くの音楽に影響を与えてきた。特にアイルランドとは民族的に近く、交流が盛んだったこともあり、音楽的にも類似点が非常に多い。スコットランド伝統音楽における代表的な楽器はバグパイプであり、同国において5世紀頃にはその原形が存在し、古くから中心的な役割を担ってきたが、そのルーツはアイルランドであり、さかのぼれば中東にその起源があるといわれている。スコットランドでもっとも多く使われるのはグレート・ハイランド・バグパイプだが、同国には他にも数種類のバグパイプが存在する。
rdfs:label
  • スコットランド音楽
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is foaf:primaryTopic of