Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スコットランド国立美術館(スコットランドこくりつびじゅつかん、英: National Gallery of Scotland)はスコットランドのエディンバラにある国立美術館。精緻な新古典主義様式の建物で、エディンバラ中央部のマウンド (en:The Mound) と呼ばれる人工的な丘陵地帯に建てられている。建物はスコットランド人建築家ウィリアム・ヘンリー・プレイフェア (en:William Henry Playfair) の設計によるもので、1859年に開館した。1912年には隣接する王立スコットランド・アカデミー (en:Royal Scottish Academy) とともにウィリアム・トマス・オルドリーヴによって改築されている。改築終了後の再開館時には、スコットランドとヨーロッパ諸国美術の常設展示に力が入れられていた。美術館の研究施設には、初期ルネサンスから19世紀後半までの版画とドローイングに関する紙資料が30,000枚以上収蔵されており、参考文献のみが集められた学術図書館も大衆に公開されている。学術図書館は1300年から1900年までの時代をカバーしており、約50,000点の文献、日誌、スライド、マイクロフィルムなどが収められ、スコットランド国立美術館のコレクション、展示会、歴史などに関する文書も収容されている。「プレイフェア・プロジェクト」と名づけられた、スコットランド国立美術館と王立スコットランド・アカデミーを地下でつなぐウェストンリンク (The Weston Link)の設置が2004年に完成し、講義室、研究施設、ショップ、レストラン、タッチスクリーン仕様の仮想コレクションギャラリーなどが併設された。この二つの建物の間には近代的な広場が設置されており、エディンバラ城やプリンセス・ストリート (en:Princes Street)を一望することができる。スコットランド国立美術館のコレクションの中核は王立スコットランド・アカデミーから移管された絵画で、ヤコポ・バッサーノ (en:Jacopo Bassano)、アンソニー・ヴァン・ダイク、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロらの傑作が収蔵されている。1903年以来、スコットランド国立美術館には独自の絵画購入補助金は一切交付されていない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2395809 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3260 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 27 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50996356 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:established
  • 1859 (xsd:integer)
prop-ja:imagesize
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:location
prop-ja:name
  • スコットランド国立美術館
prop-ja:type
prop-ja:website
  • NationalGalleries.org
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 55.950916666666664 -3.195666666666667
rdf:type
rdfs:comment
  • スコットランド国立美術館(スコットランドこくりつびじゅつかん、英: National Gallery of Scotland)はスコットランドのエディンバラにある国立美術館。精緻な新古典主義様式の建物で、エディンバラ中央部のマウンド (en:The Mound) と呼ばれる人工的な丘陵地帯に建てられている。建物はスコットランド人建築家ウィリアム・ヘンリー・プレイフェア (en:William Henry Playfair) の設計によるもので、1859年に開館した。1912年には隣接する王立スコットランド・アカデミー (en:Royal Scottish Academy) とともにウィリアム・トマス・オルドリーヴによって改築されている。改築終了後の再開館時には、スコットランドとヨーロッパ諸国美術の常設展示に力が入れられていた。美術館の研究施設には、初期ルネサンスから19世紀後半までの版画とドローイングに関する紙資料が30,000枚以上収蔵されており、参考文献のみが集められた学術図書館も大衆に公開されている。学術図書館は1300年から1900年までの時代をカバーしており、約50,000点の文献、日誌、スライド、マイクロフィルムなどが収められ、スコットランド国立美術館のコレクション、展示会、歴史などに関する文書も収容されている。「プレイフェア・プロジェクト」と名づけられた、スコットランド国立美術館と王立スコットランド・アカデミーを地下でつなぐウェストンリンク (The Weston Link)の設置が2004年に完成し、講義室、研究施設、ショップ、レストラン、タッチスクリーン仕様の仮想コレクションギャラリーなどが併設された。この二つの建物の間には近代的な広場が設置されており、エディンバラ城やプリンセス・ストリート (en:Princes Street)を一望することができる。スコットランド国立美術館のコレクションの中核は王立スコットランド・アカデミーから移管された絵画で、ヤコポ・バッサーノ (en:Jacopo Bassano)、アンソニー・ヴァン・ダイク、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロらの傑作が収蔵されている。1903年以来、スコットランド国立美術館には独自の絵画購入補助金は一切交付されていない。
rdfs:label
  • スコットランド国立美術館
owl:sameAs
geo:lat
  • 55.950916 (xsd:float)
geo:long
  • -3.195667 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • スコットランド国立美術館
is dbpedia-owl:museum of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:museum of
is foaf:primaryTopic of