Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スコットランド人(スコットランドじん、英: Scottish people、スコットランド・ゲール語: Albannaich、スコットランド語: Scots fowk)は、スコットランド国民、またはスコットランドを父祖の土地とする民族のこと。単にスコッツ(Scots)ともいう。歴史的に彼らはピクト人とゲール人の融合から生まれ、南を接していたブリトン人を組み込むだけでなく、アングロ・サクソン人やノース人のような侵入してきたゲルマン系の諸族を取り込んでいった。現代的な用法では、スコットランド人またはスコッツは、言語、文化、家族の先祖または遺伝的起源がスコットランド内にある者を指すため使われる。ラテン語のScottiは元々5世紀に特定に使用された名称で、アイルランドに住むゴイデリック人を指していた。しかし時には古めかしく軽蔑的な意味合いから、Scotchという名称もスコットランド人を指して使われる。しかしこの名称は現在では主としてスコットランドの外でしか用いられていない。スコットランド国外の多くの国々にも、スコットランド系の人々がいる。ハイランド・クリアランス (Highland Clearances) やローランド・クリアランスの影響によるものや、大英帝国にスコットランドが参加したことによる移民、そして後期には産業の衰退と失業を理由として、世界中にスコットランド系の人々が見られるのである。スコットランド人の大集団は、南北アメリカ大陸、オーストラリア、ニュージーランドなど新大陸に移住した。カナダでは高い割合でスコットランド人の存在感がある。アメリカ合衆国についでカナダでは、スコットランド人を先祖に持つ人々が2番目に大きな人口を持っている。彼らは自らのスコットランドの言語と文化を引き継いでいる。スコットランドはその歴史の中で、異なる期間に人の移住や定住を経験している。ダルリアダ王国のゲール人、ピクト人、そしてブリトン人たちは、中世ヨーロッパの民族の多くと同じく独自の起源神話を持っていた。アングル人やサクソン人といったゲルマン民族は7世紀初頭に到来し、一方でノース人が8世紀以降スコットランドの多くの地域に定住した。デイヴィッド1世時代にあたる中世最盛期、フランス、イングランド、ネーデルラントからの移住者がいた。多くの有名なスコットランドの家名、ブルース家、ベイオール家、マレー家、ステュアート家はこの時代にスコットランドに到来した。現在のスコットランドは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する国(イギリスのカントリー)の1つであり、スコットランドに住む人々の大半は国籍法において連合王国市民である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 612444 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57524475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 1 (xsd:integer)
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:footnotes
  • s.
  • Scottish born people in England only
  • These figures are estimates based on official
  • census data of populations and official surveys of
  • identity.
prop-ja:group
  • (Scots, Albannaich, Scots fowk)
  • スコットランド人
prop-ja:languages
prop-ja:pop
  • 2403 (xsd:integer)
  • 12792 (xsd:integer)
  • 80000 (xsd:integer)
  • 100000 (xsd:integer)
  • 795000 (xsd:integer)
  • 1501204 (xsd:integer)
  • 4719850 (xsd:integer)
  • 9365490 (xsd:integer)
prop-ja:population
  • 600 (xsd:integer)
  • スコットランドにおいて
  • スコットランド出身者を先祖に持つ
  • 概算で2800万人–4000万人
prop-ja:regions
  • 4459071 (xsd:integer)
prop-ja:religions
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スコットランド人(スコットランドじん、英: Scottish people、スコットランド・ゲール語: Albannaich、スコットランド語: Scots fowk)は、スコットランド国民、またはスコットランドを父祖の土地とする民族のこと。単にスコッツ(Scots)ともいう。歴史的に彼らはピクト人とゲール人の融合から生まれ、南を接していたブリトン人を組み込むだけでなく、アングロ・サクソン人やノース人のような侵入してきたゲルマン系の諸族を取り込んでいった。現代的な用法では、スコットランド人またはスコッツは、言語、文化、家族の先祖または遺伝的起源がスコットランド内にある者を指すため使われる。ラテン語のScottiは元々5世紀に特定に使用された名称で、アイルランドに住むゴイデリック人を指していた。しかし時には古めかしく軽蔑的な意味合いから、Scotchという名称もスコットランド人を指して使われる。しかしこの名称は現在では主としてスコットランドの外でしか用いられていない。スコットランド国外の多くの国々にも、スコットランド系の人々がいる。ハイランド・クリアランス (Highland Clearances) やローランド・クリアランスの影響によるものや、大英帝国にスコットランドが参加したことによる移民、そして後期には産業の衰退と失業を理由として、世界中にスコットランド系の人々が見られるのである。スコットランド人の大集団は、南北アメリカ大陸、オーストラリア、ニュージーランドなど新大陸に移住した。カナダでは高い割合でスコットランド人の存在感がある。アメリカ合衆国についでカナダでは、スコットランド人を先祖に持つ人々が2番目に大きな人口を持っている。彼らは自らのスコットランドの言語と文化を引き継いでいる。スコットランドはその歴史の中で、異なる期間に人の移住や定住を経験している。ダルリアダ王国のゲール人、ピクト人、そしてブリトン人たちは、中世ヨーロッパの民族の多くと同じく独自の起源神話を持っていた。アングル人やサクソン人といったゲルマン民族は7世紀初頭に到来し、一方でノース人が8世紀以降スコットランドの多くの地域に定住した。デイヴィッド1世時代にあたる中世最盛期、フランス、イングランド、ネーデルラントからの移住者がいた。多くの有名なスコットランドの家名、ブルース家、ベイオール家、マレー家、ステュアート家はこの時代にスコットランドに到来した。現在のスコットランドは、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する国(イギリスのカントリー)の1つであり、スコットランドに住む人々の大半は国籍法において連合王国市民である。
rdfs:label
  • スコットランド人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:ethnicity of
is dbpedia-owl:nationality of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ethnicity of
is prop-ja:nationality of
is prop-ja:民族 of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of