Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スクリーンリーダー (screen reader) は、コンピュータの画面読み上げソフトウェアである。視覚障害者がパソコンを操作するために、視覚的に使うことが必要であるマウスに変わり、情報を音声で読み上げることによってその操作を補助するものである。Windows 8や、Mac OS XやiPhone、日本の携帯電話のらくらくホンなど、パソコンや携帯機器にも標準的に搭載されている。視覚障害者がパソコンを操作する際、健常者が行うように画面を見ながらマウス操作をすることは困難である。ウィンドウ画面を操作する場合に特に困難が伴う。特に全盲のユーザが支援技術無しにマウス操作することは不可能に近い。音声合成によってコンピュータの画面を読み上げるスクリーンリーダーはGUIのオペレーティングシステム (OS) を使用する視覚障害者に不可欠な物になっている。厳密に言えば、スクリーンリーダーは、その名の通り、画面に表示された情報を音声で読み上げるソフトウェアである。近年では、画面を読み上げるというよりも、操作を読み上げる性能が高いものを合わせて「スクリーンリーダー」と総称することが多い。スクリーンリーダーを使用することで、視覚障害を持っていてもMicrosoft WordやMicrosoft Excel、Internet Explorerといったアプリケーションを使用することができる。そのことが視覚障害者の就労支援に生かすことができるものと期待されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 618542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3101 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53901394 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スクリーンリーダー (screen reader) は、コンピュータの画面読み上げソフトウェアである。視覚障害者がパソコンを操作するために、視覚的に使うことが必要であるマウスに変わり、情報を音声で読み上げることによってその操作を補助するものである。Windows 8や、Mac OS XやiPhone、日本の携帯電話のらくらくホンなど、パソコンや携帯機器にも標準的に搭載されている。視覚障害者がパソコンを操作する際、健常者が行うように画面を見ながらマウス操作をすることは困難である。ウィンドウ画面を操作する場合に特に困難が伴う。特に全盲のユーザが支援技術無しにマウス操作することは不可能に近い。音声合成によってコンピュータの画面を読み上げるスクリーンリーダーはGUIのオペレーティングシステム (OS) を使用する視覚障害者に不可欠な物になっている。厳密に言えば、スクリーンリーダーは、その名の通り、画面に表示された情報を音声で読み上げるソフトウェアである。近年では、画面を読み上げるというよりも、操作を読み上げる性能が高いものを合わせて「スクリーンリーダー」と総称することが多い。スクリーンリーダーを使用することで、視覚障害を持っていてもMicrosoft WordやMicrosoft Excel、Internet Explorerといったアプリケーションを使用することができる。そのことが視覚障害者の就労支援に生かすことができるものと期待されている。
rdfs:label
  • スクリーンリーダー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:種別 of
is foaf:primaryTopic of