Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『スカーレット・ピンパーネル』は、ミュージカル作品。原作はバロネス・オルツィの小説「紅はこべ」(原題:The Scarlet Pimpernel)。1997年にブロードウェイで初演された。登場人物などの設定は原作に近いが、ストーリーはかなり異なり、マルグリートが手紙を盗み見るところの他は、ほとんどの場面が原作には全くない場面で構成されている。マルグリートとショーヴランは元恋人で、アルマンはマルグリートの弟になり、アルマンの恋人はサン・シール侯爵令嬢ではない。脚本・作詞はナン・ナイトン、作曲はフランク・ワイルドホーン。日本では、 フランク・ワイルドホーン作曲のブロードウェイミュージカルを元に、小池修一郎が潤色・演出を担当し、宝塚歌劇団で上演された。2009年、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞。なお、タイトルは英語表記(THE SCARLET PIMPERNEL)とカタカナ表記を併記。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1843481 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4603 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 104 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59185561 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『スカーレット・ピンパーネル』は、ミュージカル作品。原作はバロネス・オルツィの小説「紅はこべ」(原題:The Scarlet Pimpernel)。1997年にブロードウェイで初演された。登場人物などの設定は原作に近いが、ストーリーはかなり異なり、マルグリートが手紙を盗み見るところの他は、ほとんどの場面が原作には全くない場面で構成されている。マルグリートとショーヴランは元恋人で、アルマンはマルグリートの弟になり、アルマンの恋人はサン・シール侯爵令嬢ではない。脚本・作詞はナン・ナイトン、作曲はフランク・ワイルドホーン。日本では、 フランク・ワイルドホーン作曲のブロードウェイミュージカルを元に、小池修一郎が潤色・演出を担当し、宝塚歌劇団で上演された。2009年、第16回読売演劇大賞優秀作品賞、第34回菊田一夫演劇大賞を受賞。なお、タイトルは英語表記(THE SCARLET PIMPERNEL)とカタカナ表記を併記。
rdfs:label
  • スカーレット・ピンパーネル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of