Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スカパ・フローでのドイツ艦隊の自沈(スカパ・フローでのドイツかんたいのじちん)では、第一次世界大戦後に行われた、スコットランドのイギリス海軍拠点スカパ・フローにおけるドイツ艦隊の自沈について記述する。休戦協定の条項に基づき、その処遇が決められるまでの間ドイツ大洋艦隊はスカパ・フローに抑留されていた。全艦艇が接収され連合国間で分配されるのをおそれ、ドイツの指揮官ルートヴィヒ・フォン・ロイター(de:Ludwig von Reuter)提督は艦隊の自沈を決心した。自沈は1919年6月21日に実行された。イギリス警備艦の妨害により何隻かが岸に座礁させられたが、抑留されていた艦艇74隻中52隻が沈んだ。多くの沈没艦はその後数年の間に引き揚げられ解体された。一部の艦は引き揚げられずに残っており、ダイビングサイトとなっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2159288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23439 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58394440 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 58.891666666666666 -3.183333333333333
rdf:type
rdfs:comment
  • スカパ・フローでのドイツ艦隊の自沈(スカパ・フローでのドイツかんたいのじちん)では、第一次世界大戦後に行われた、スコットランドのイギリス海軍拠点スカパ・フローにおけるドイツ艦隊の自沈について記述する。休戦協定の条項に基づき、その処遇が決められるまでの間ドイツ大洋艦隊はスカパ・フローに抑留されていた。全艦艇が接収され連合国間で分配されるのをおそれ、ドイツの指揮官ルートヴィヒ・フォン・ロイター(de:Ludwig von Reuter)提督は艦隊の自沈を決心した。自沈は1919年6月21日に実行された。イギリス警備艦の妨害により何隻かが岸に座礁させられたが、抑留されていた艦艇74隻中52隻が沈んだ。多くの沈没艦はその後数年の間に引き揚げられ解体された。一部の艦は引き揚げられずに残っており、ダイビングサイトとなっている。
rdfs:label
  • スカパ・フローでのドイツ艦隊の自沈
owl:sameAs
geo:lat
  • 58.891666 (xsd:float)
geo:long
  • -3.183333 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of