Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スカウト(Scout、Solid Controlled Orbital Utility Test system)は、小さな人工衛星を地球の軌道に載せるためのローンチ・ヴィークルである。全ての段が固体燃料である初めての(そして長い間唯一の)多段ロケットであった。スカウトは1957年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のラングレー研究所で設計され、1961年から1994年まで利用された。信頼性を高めるために、元は軍事目的に開発された「既製品の」ハードウェアが採用された。NASAのファクトシートによると、第一段のモーターは、ジュピターシニアとアメリカ海軍のポラリス (ミサイル)の組合せ、第二段はアメリカ陸軍のMGM-29 (ミサイル)であり、第三段と第四段のモーターは、海軍のヴァンガード (ロケット)を元にラングレー研究所で設計された。スカウトの最初の軌道打上げは、1961年2月16日で、大気の密度の研究に用いられた7kgの人工衛星エクスプローラ9号を軌道に運んだ。最後の打上げは、スカウトG-1を用い、1994年5月9日に、1998年まで運用された163kgの軍事衛星MSTI-2を打ち上げた。標準的なスカウトロケットは、固体プロペラントを用い、4段のブースターシステムから構成され、長さは約23m、打上げ時の質量は約21,500kgであった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2339506 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6227 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57547794 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スカウト(Scout、Solid Controlled Orbital Utility Test system)は、小さな人工衛星を地球の軌道に載せるためのローンチ・ヴィークルである。全ての段が固体燃料である初めての(そして長い間唯一の)多段ロケットであった。スカウトは1957年にアメリカ航空宇宙局(NASA)のラングレー研究所で設計され、1961年から1994年まで利用された。信頼性を高めるために、元は軍事目的に開発された「既製品の」ハードウェアが採用された。NASAのファクトシートによると、第一段のモーターは、ジュピターシニアとアメリカ海軍のポラリス (ミサイル)の組合せ、第二段はアメリカ陸軍のMGM-29 (ミサイル)であり、第三段と第四段のモーターは、海軍のヴァンガード (ロケット)を元にラングレー研究所で設計された。スカウトの最初の軌道打上げは、1961年2月16日で、大気の密度の研究に用いられた7kgの人工衛星エクスプローラ9号を軌道に運んだ。最後の打上げは、スカウトG-1を用い、1994年5月9日に、1998年まで運用された163kgの軍事衛星MSTI-2を打ち上げた。標準的なスカウトロケットは、固体プロペラントを用い、4段のブースターシステムから構成され、長さは約23m、打上げ時の質量は約21,500kgであった。
rdfs:label
  • スカウト (ロケット)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of