Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スウェーデン料理(スウェーデンりょうり)は、スウェーデン国土が南北に広大であるため、地域により相違がある。歴史的に最北部では幾つかのルーツをサーミ人文化に持ち、トナカイや他のジビエ(半野生を含む)料理を食する。一方南部では新鮮な野菜が重要な役割を果たす。多くの伝統的料理では対照的な味付けを行う。例えば手作りのミートボールとグレイビーに、酸味の刺激のあるリンゴンベリー・ジャム(クランベリーソースにやや類似)を添える。スウェーデンでは、17世紀から18世紀にかけてのフランス料理から今日の寿司やカフェラテに至るまで、伝統的に海外文化を非常に受け入れやすい。ファストフードでは、1960年代以降にピザやホットドッグが普及した。その20年後には、同様にケバブやファラフェルの小規模レストランの名物料理として人気が高まっている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2469140 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57800720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スウェーデン料理(スウェーデンりょうり)は、スウェーデン国土が南北に広大であるため、地域により相違がある。歴史的に最北部では幾つかのルーツをサーミ人文化に持ち、トナカイや他のジビエ(半野生を含む)料理を食する。一方南部では新鮮な野菜が重要な役割を果たす。多くの伝統的料理では対照的な味付けを行う。例えば手作りのミートボールとグレイビーに、酸味の刺激のあるリンゴンベリー・ジャム(クランベリーソースにやや類似)を添える。スウェーデンでは、17世紀から18世紀にかけてのフランス料理から今日の寿司やカフェラテに至るまで、伝統的に海外文化を非常に受け入れやすい。ファストフードでは、1960年代以降にピザやホットドッグが普及した。その20年後には、同様にケバブやファラフェルの小規模レストランの名物料理として人気が高まっている。
rdfs:label
  • スウェーデン料理
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of