Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 本頁は、12世紀から15世紀にかけてのスウェーデン王国とノヴゴロド公国(ノヴゴロド共和国)間の諸戦闘についてまとめたものである。両国はフィンランド湾北岸からインゲルマンランド / インゲルマンランディヤ(スウェーデン語名 / ロシア語名。フィンランド湾南岸東部(レニングラード州西部)。以下、便宜上「イングリア(英語名)」を用いる。)にかけての支配権をかけて度々衝突した。イングリアは北欧とビザンツをつなぐ河川交易路(ヴァリャーグからギリシャへの道)の入り口にあたり、ハンザ同盟興隆期にはその勢力圏に含まれた地域であった。また、当時カトリック国であったスウェーデンにおいて、正教国ノヴゴロドへの侵攻には、宗教的闘争の意味合いが含まれていた(北方十字軍)。ただし、14世紀までの公式のローマ教皇の教皇勅書には、同地に対する十字軍の開始を宣言するものは存在しない。両国の対立関係は、ノヴゴロド共和国が15世紀後半にモスクワ大公国に吸収合併される形で消滅した。(留意事項):便宜上、現ロシアの地名はロシア語準拠表記を用い、現スウェーデンとフィンランドの地名はスウェーデン語準拠表記を用いる。また、旧称を用いたものもある。ただし「カレリア」「イングリア」等日本語文献において英語準拠表記が用いられているものはその限りではない。現在の各国語表記については各リンク先を参照されたし。(関連項目):本頁はノヴゴロド共和国が15世紀後半に消滅するまでの期間を扱う。以降のスウェーデン・ロシア国家間の戦争に関しては、en:List of wars between Russia and Sweden、sv:Rysk-svenska krig、ru:Русско-шведские войны等の各項目を参照されたし。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3117768 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16674 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 179 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56812747 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Ll:ラドガ湖 Cl:チュド湖 (国境線は2015年現在)
  • Fg:フィンランド湾
  • Ir:イジョラ川河口
  • L:ラドガ V:ヴィボルグ
  • Nr:ネヴァ川河口
  • Or:ヴォルホフ川
  • O:オレシェク(ネヴァ川水源)
  • Vr:ヴオクサ川河口
  • ノヴゴロド周辺地図 N:ノヴゴロド P:プスコフ
prop-ja:cheight
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:cropMap
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:cwidth
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:float
  • right
prop-ja:oleft
  • 1200 (xsd:integer)
prop-ja:otop
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:relief
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:resizex
  • 2184 (xsd:integer)
prop-ja:resizey
  • 1872 (xsd:integer)
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 本頁は、12世紀から15世紀にかけてのスウェーデン王国とノヴゴロド公国(ノヴゴロド共和国)間の諸戦闘についてまとめたものである。両国はフィンランド湾北岸からインゲルマンランド / インゲルマンランディヤ(スウェーデン語名 / ロシア語名。フィンランド湾南岸東部(レニングラード州西部)。以下、便宜上「イングリア(英語名)」を用いる。)にかけての支配権をかけて度々衝突した。イングリアは北欧とビザンツをつなぐ河川交易路(ヴァリャーグからギリシャへの道)の入り口にあたり、ハンザ同盟興隆期にはその勢力圏に含まれた地域であった。また、当時カトリック国であったスウェーデンにおいて、正教国ノヴゴロドへの侵攻には、宗教的闘争の意味合いが含まれていた(北方十字軍)。ただし、14世紀までの公式のローマ教皇の教皇勅書には、同地に対する十字軍の開始を宣言するものは存在しない。両国の対立関係は、ノヴゴロド共和国が15世紀後半にモスクワ大公国に吸収合併される形で消滅した。(留意事項):便宜上、現ロシアの地名はロシア語準拠表記を用い、現スウェーデンとフィンランドの地名はスウェーデン語準拠表記を用いる。また、旧称を用いたものもある。ただし「カレリア」「イングリア」等日本語文献において英語準拠表記が用いられているものはその限りではない。現在の各国語表記については各リンク先を参照されたし。(関連項目):本頁はノヴゴロド共和国が15世紀後半に消滅するまでの期間を扱う。以降のスウェーデン・ロシア国家間の戦争に関しては、en:List of wars between Russia and Sweden、sv:Rysk-svenska krig、ru:Русско-шведские войны等の各項目を参照されたし。
rdfs:label
  • スウェーデン・ノヴゴロド戦争
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of