Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • スイッチングハブ (switching hub) とは、ネットワークスイッチ(ないし単にスイッチ)とも呼ばれ、ネットワークにおいて中継をおこなう機器(ハブ)の一種である。ブリッジと同等の機能がある。従来のリピータハブは、受信したデータ全てを接続された機器に同じように送信してしまうため、機器は自分と関係ないデータも受信してしまう。また意味のない転送によってネットワークの効率やパフォーマンスを悪化させるうえ、他の機器のデータも受信できてしまうためセキュリティ面の問題などもあった。しかしスイッチングハブではデータの送り先を解析し、機器に関係あるデータだけを送信するため、上記のようなパフォーマンス悪化やセキュリティの問題が発生しない。レイヤ2スイッチ(L2スイッチ)、LANスイッチとも言う。ブリッジが2ポート製品から多ポート製品となっていく過程で、従来のリピータと同等の専用機器として定着したものである。また、ブロードキャストドメインの分割などのためにVLANに対応したものもある。その分スイッチングの為のハードウェア機構が複雑になりコストは割高になる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 53277 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3948 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58289926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:direction
  • vertical
prop-ja:footer
  • スイッチングハブ(28ポート)
prop-ja:image
  • Internals of a Cisco small business SG300-28 28-port Gigabit Ethernet rackmount switch.jpg
  • Cisco small business SG300-28 28-port Gigabit Ethernet rackmount switch.jpg
prop-ja:width
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • この頃から、「スイッチングハブ」の名称が使われるようになったが、実体はあくまでもマルチポートブリッジであった。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • スイッチングハブ (switching hub) とは、ネットワークスイッチ(ないし単にスイッチ)とも呼ばれ、ネットワークにおいて中継をおこなう機器(ハブ)の一種である。ブリッジと同等の機能がある。従来のリピータハブは、受信したデータ全てを接続された機器に同じように送信してしまうため、機器は自分と関係ないデータも受信してしまう。また意味のない転送によってネットワークの効率やパフォーマンスを悪化させるうえ、他の機器のデータも受信できてしまうためセキュリティ面の問題などもあった。しかしスイッチングハブではデータの送り先を解析し、機器に関係あるデータだけを送信するため、上記のようなパフォーマンス悪化やセキュリティの問題が発生しない。レイヤ2スイッチ(L2スイッチ)、LANスイッチとも言う。ブリッジが2ポート製品から多ポート製品となっていく過程で、従来のリピータと同等の専用機器として定着したものである。また、ブロードキャストドメインの分割などのためにVLANに対応したものもある。その分スイッチングの為のハードウェア機構が複雑になりコストは割高になる。
rdfs:label
  • スイッチングハブ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:事業内容 of
is foaf:primaryTopic of