Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヨハネス・ジークフリード・エドストレーム(Johannes Sigfrid Edström, 1870年11月21日 - 1964年3月18日)は、スウェーデンの工業経営者。当時のスポーツ界の要人であり、国際オリンピック委員会(IOC)の第4代会長を務めた。モーランダ(ヴェストラ・イェータランド県)の小さな村で生まれたエドストレームは、まずイェーテボリのチャルマース工科大学で学び、やがてスイスやアメリカ合衆国にも留学した。1903年から1933年にかけては、電子技術の会社ASEAで重役の座にあり、1934年から1939年には同社の代表取締役となった。若い頃は有能な短距離走者でもあり、100mを11秒台で走ることができたとされる。この時期、エドストレームはスウェーデンのスポーツ界の運営に関与するようになり、ストックホルムで開催された1912年のオリンピックの組織運営を援助した。このオリンピック開催期間中、国際陸上競技連盟(IAAF)が設立され、エドストレームはその初代会長に推挙された。彼の任期は1946年まで続いた。1920年、エドストレームは国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーとなり、理事会に加わった後、1931年には副会長職に就いた。当時IOC会長だったバイエ=ラトゥールが1942年に死去した後、エドストレームは第二次世界大戦終結まで会長代行を務め、その後正式な手続きで新会長に選出された。エドストレームは大戦後のオリンピック運動を復興するために重要な役割を演じた。1952年に会長職を退き、後任にはブランデージが就いた。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 524047 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1793 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58298467 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
  • アベリー・ブランデージ
prop-ja:before
  • アンリ・ド・バイエ=ラトゥール
prop-ja:title
  • 国際オリンピック委員会会長
prop-ja:titlenote
  • 1942 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第4代:1942 - 1952
prop-ja:人名
  • ジークフリード・エドストレーム
prop-ja:代数
  • 第4
prop-ja:出生日
  • 1870-11-21 (xsd:date)
prop-ja:各国語表記
  • Johannes Sigfrid Edström
prop-ja:国名
  • 国際オリンピック委員会
prop-ja:就任日
  • 1946 (xsd:integer)
prop-ja:死亡日
  • 1964-03-18 (xsd:date)
prop-ja:生地
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • 1952 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ヨハネス・ジークフリード・エドストレーム(Johannes Sigfrid Edström, 1870年11月21日 - 1964年3月18日)は、スウェーデンの工業経営者。当時のスポーツ界の要人であり、国際オリンピック委員会(IOC)の第4代会長を務めた。モーランダ(ヴェストラ・イェータランド県)の小さな村で生まれたエドストレームは、まずイェーテボリのチャルマース工科大学で学び、やがてスイスやアメリカ合衆国にも留学した。1903年から1933年にかけては、電子技術の会社ASEAで重役の座にあり、1934年から1939年には同社の代表取締役となった。若い頃は有能な短距離走者でもあり、100mを11秒台で走ることができたとされる。この時期、エドストレームはスウェーデンのスポーツ界の運営に関与するようになり、ストックホルムで開催された1912年のオリンピックの組織運営を援助した。このオリンピック開催期間中、国際陸上競技連盟(IAAF)が設立され、エドストレームはその初代会長に推挙された。彼の任期は1946年まで続いた。1920年、エドストレームは国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーとなり、理事会に加わった後、1931年には副会長職に就いた。当時IOC会長だったバイエ=ラトゥールが1942年に死去した後、エドストレームは第二次世界大戦終結まで会長代行を務め、その後正式な手続きで新会長に選出された。エドストレームは大戦後のオリンピック運動を復興するために重要な役割を演じた。1952年に会長職を退き、後任にはブランデージが就いた。
rdfs:label
  • ジークフリード・エドストレーム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of