Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3330007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 46742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59257807 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alttitle
  • Cardinal
  • Echo
  • Stealth
  • Martial Eagle
  • Baggage
  • Trust Me
  • Only You
  • Gregory
  • Born Again
  • Safe House
  • The Deal
  • Open House
  • A Little Night Music
  • Arpanet
  • Behind the Red Door
  • COMINT
  • Covert War
  • Dimebag
  • Divestment
  • Do Mail Robots Dream of Electric Sheep?
  • Duty and Honor
  • I Am Abassin Zadran
  • In Control
  • March 8, 1983
  • Mutually Assured Destruction
  • New Car
  • One Day in the Life of Anton Baklanov
  • Operation Chronicle
  • Salang Pass
  • Stingers
  • The Clock
  • The Colonel
  • The Oath
  • The Walk In
  • Walter Taffet
  • Yousaf
prop-ja:channel
  • FX
prop-ja:company
prop-ja:composer
  • Nathan Barr
prop-ja:country
prop-ja:directedby
prop-ja:distributor
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:episodenumber
  • 2 (xsd:integer)
  • 3 (xsd:integer)
  • 4 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 6 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
  • 9 (xsd:integer)
  • 10 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
  • 12 (xsd:integer)
  • 13 (xsd:integer)
  • 15 (xsd:integer)
  • 16 (xsd:integer)
  • 17 (xsd:integer)
  • 18 (xsd:integer)
  • 19 (xsd:integer)
  • 20 (xsd:integer)
  • 21 (xsd:integer)
  • 22 (xsd:integer)
  • 23 (xsd:integer)
  • 24 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
  • 28 (xsd:integer)
  • 29 (xsd:integer)
  • 30 (xsd:integer)
  • 31 (xsd:integer)
  • 32 (xsd:integer)
  • 33 (xsd:integer)
  • 34 (xsd:integer)
  • 35 (xsd:integer)
  • 36 (xsd:integer)
  • 37 (xsd:integer)
  • 38 (xsd:integer)
  • 39 (xsd:integer)
prop-ja:executiveProducer
prop-ja:firstAired
  • 2013-01-30 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:lastAired
  • 継続中
prop-ja:linecolor
  • 141414 (xsd:integer)
  • C0C0C0
  • F0A100
prop-ja:numEpisodes
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:numSeasons
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:originalairdate
  • 2013-02-06 (xsd:date)
  • 2013-02-13 (xsd:date)
  • 2013-02-20 (xsd:date)
  • 2013-02-27 (xsd:date)
  • 2013-03-06 (xsd:date)
  • 2013-03-13 (xsd:date)
  • 2013-03-20 (xsd:date)
  • 2013-04-03 (xsd:date)
  • 2013-04-10 (xsd:date)
  • 2013-04-17 (xsd:date)
  • 2013-04-24 (xsd:date)
  • 2013-05-01 (xsd:date)
  • 2014-03-05 (xsd:date)
  • 2014-03-12 (xsd:date)
  • 2014-03-19 (xsd:date)
  • 2014-03-26 (xsd:date)
  • 2014-04-02 (xsd:date)
  • 2014-04-09 (xsd:date)
  • 2014-04-16 (xsd:date)
  • 2014-04-23 (xsd:date)
  • 2014-04-30 (xsd:date)
  • 2014-05-07 (xsd:date)
  • 2014-05-14 (xsd:date)
  • 2014-05-21 (xsd:date)
  • 2015-02-04 (xsd:date)
  • 2015-02-11 (xsd:date)
  • 2015-02-18 (xsd:date)
  • 2015-02-25 (xsd:date)
  • 2015-03-04 (xsd:date)
  • 2015-03-11 (xsd:date)
  • 2015-03-18 (xsd:date)
  • 2015-03-25 (xsd:date)
  • 2015-04-01 (xsd:date)
  • 2015-04-08 (xsd:date)
  • 2015-04-15 (xsd:date)
  • 2015-04-22 (xsd:date)
prop-ja:pictureFormat
  • 16 (xsd:integer)
prop-ja:runtime
  • 42 (xsd:integer)
prop-ja:shortsummary
  • dbpedia-ja:レーガン大統領暗殺未遂事件
  • dbpedia-ja:ロナルド・レーガン
  • dbpedia-ja:ジョン・ヒンクリー
  • dbpedia-ja:アレクサンダー・ヘイグ
  • エリザベスの新しい情報源のサンフォード・プリンスは、5万ドルでSDIの重要機密を売ると言うアメリカ空軍の大佐を見つけたと言う。エリザベスは疑いを捨てきれないが、情報の一部を見たモスクワはエリザベスに大佐と会えと命令する。FBIによる罠かどうかを見分けるため、フィリップはマーサに結婚を約束し、ギャドのオフィスに盗聴器を仕掛けさせる。フィリップは約束通り身内だけの結婚式を挙げ、マーサの両親の他にそれぞれ"クラーク"の母親と妹になり済ましたクラウディアとエリザベスが出席する。大佐との面会の数日前、プリンスは養育費の滞納で逮捕される。ワインバーガー国防長官宅の掃除婦ヴィオラは、盗聴器を仕掛けるよう強制されたとFBIに告白し、FBIは盗聴器を通じて偽の情報を流す。ヴィオラの証言と、ジェニングス夫妻が誘拐したCIA局員の証言から、スタンとギャドは30代の夫婦が絡んでいると結論して似顔絵を描く。スタンがヴラッドを殺したと疑うニーナは、FBIに情報を漏らしていたと上司のアルカディに告白し、二重スパイになることを申し出る。
  • 大佐との面会が近づき、クラウディアとジェニングス夫妻は罠を警戒する。ジェニングス夫妻は万が一のため子供たちをカナダに連れて行こうと計画する。スタンはもうすぐ任務が成功しそうだとニーナに漏らし、ニーナはアルカディに話す。アルカディは大佐との面会を中止させようとするが、フィリップは大佐に会い、SDIは技術的に不可能でソ連に資源を無駄遣いさせるための陰謀かもしれないと聞かされる。FBIは大佐ではなくワインバーガー国務長官宅の盗聴録音の回収に罠を仕掛けており、フィリップはエリザベスを間一髪で救い出す。二人はFBIの追跡を逃れるが、エリザベスが腹部を撃たれる。フィリップは廃墟でエリザベスに治療を受けさせ、スタンに電話をして子供たちの世話を頼む。ニーナはスタンのファイルをアルカディに渡す。エリザベスは家に戻ってくれとロシア語でフィリップに言う。クラウディアはジューコフ暗殺を指令したCIA高官を暗殺する。プリンスはFBIに大佐のことを自白する。ペイジは母の挙動に不審を抱く。
  • フィリップはモサドの工作員である襲撃者の一人を監禁する。ケイトがクラウディアの後任としてジェンキンス夫妻の連絡係となる。ソ連はイスラエルと交渉してバクラーノフと交換しソ連に連行する。エリザベスは"クラーク"の妹のふりをしてマーサに会い、クラークを夫として書類に記入しないよう説得する。マリンからラリックの資料を受け取る。オレグはニーナが情報提供者であることを暴露するとスタンを脅す。
  • ニーナはティモチェフが失踪した夜にKGB工作員ロブが殺されたことをスタンに話す。FBIはロブにはフィラデルフィアに妻子がいることを突き止める。。ジェニングス夫婦はロブからフィラデルフィアで会いたいと言う暗号メッセージを受け取って訝り、エリザベスがスパイとして雇ったかつての黒人運動家のグレゴリーを送る。グレゴリーは、ロブの妻ジョイスがFBIの監視に気付かずメッセージを送ったことを知り、FBIの監視をかいくぐってジョイスを保護し、暗号化されたメモを受け取る。グレゴリーがかつてエリザベスと関係していたことがわかる。ジェニングスの新任のコンタクトであるクラウディアはメモに記された人物に会えといい、フィリップは対ミサイルレーザーの設計図を買い取る。ジェニングス夫婦はジョイスと子供をクラウディアに引き渡す。子供はソ連にいるロブの両親に預けられるが、ジョイスは死んで見つかる。
  • フィリップ、エリザベス、ユースフはアナリーズの死体を始末する。フィリップは見返りにユースフの協力を求める。モスクワで牢に入れられたニーナをオレグの父が訪れる。ニーナが逮捕されたことに怒り、オレグはスタンを責める。アナリーズの死に動揺したフィリップはペイジをスパイにすることを嫌がる。スタンはソ連から亡命したアメリカ研究者のジナイーダの世話をする。
  • フィリップは盗聴先のCIA局員がアフガニスタン担当グループ長の娘のキミーをベビーシッターに雇った事を知る。ペイジと同じくらいの年の娘を籠絡することを躊躇しながらも、キミーに近づいて一緒に大麻を楽しむ。ニーナは牢仲間のエヴィの自白を引き出すよう求められる。スタンは自己啓発セミナーで会ったトーリにデートに誘われるが断る。ペイジは誕生日のディナーにティム師夫妻を招き、その場で洗礼を受けたいと言い出す。スタンは浮気を別居中のサンドラに告白する。マーサは養子をとりたいとフィリップに持ちかける。
  • フィリップはポーランド人の反体制派の評判を落とすためニューヨーク市に送られる。元恋人の工作員イリーナと寝る。イリーナはソ連にいる息子がフィリップの子だと言う。任務は成功し、イリーナは逃げて姿を消すつもりだと言って誘うがフィリップは断る。エリザベスはSDI計画内部の内通者に接触しギャンブルの借金を払ってやる。一方、スタンは夜遅くまで働き家族との夕食をすっぽかす。バーで女を引っかけろとクリスに促されるが断り、ニーナを呼び出してセックスをする。ニーナを亡命させる約束のことをギャドに尋ねるがFBIは守るつもりがないと言われる。フィリップが戻るとエリザベスは謝り、結婚を本当のものにしようと言う。フィリップは承知するが、イリーナと過ごした夜のことは隠す。
  • アフガニスタンにおけるCIA工作員のリストを手に入れるため、ジェニングス夫妻はCIA局員の携帯電話に盗聴器をつける。信号を拾うために二人は目標に接近し捕まりそうになる。エリザベスはギャドらとの乱闘で負った怪我の痛みで苦しむが、手配を恐れて歯医者に行けず、フィリップが折れた歯を抜く。オレグは帰国するかどうか迷った末、アメリカに留まることにする。スタンはジナイーダを疑い始める。
  • エリザベスとフィリップはCIAを装ってラリックに会いコナー夫妻を殺したのかを探る。ニカラグア工作が絡むことを知り、ルチアに議員補佐を誘惑させた隙にエリザベスはアーパネットの機密情報を盗む。スタンは亡命したいなら嘘発見器にかかるようニーナに求める。
  • クラウディアはフィリップがイリーナと寝たことをエリザベスに話し、エリザベスはフィリップと本当の夫婦となることをあきらめて仕事上のパートナーであり続けようと決める。KGBはアメリカの科学者を暗殺するために西ドイツの暗殺者を雇った後で撤回しようとするが連絡がつかなくなる。ジェニングス夫妻はFBI内部の内通者マーサからの情報をもとに暗殺者を探し出して殺す。だが既に仕掛けられていた時限爆弾が科学者と3人のFBIの護衛を殺し、ギャドは復讐を誓う。一方、ギャドはニーナが救出されるまでの隠れ家の鍵をスタンに渡し、ニーナは二人の愛の巣だと見なす。マーサにふられたアマドールは疑いを持ち尾行する。
  • フィリップとエリザベスはしばらく別居することにし、子供たちは衝撃を受ける。ギャドは復讐のためKGBの駐在員アルカディをジョギング中に暗殺しようとする。フィリップはマーサと一夜を過ごすが、次の朝アマドールに出くわして争いとなり刺してしまう。ジェニングス夫妻は廃墟のビルでアマドールを手当てし、FBIの計画を聞き出そうとする。アルカディが怪我をしたため、ジョギングには部下のヴラッドだけが現れる。FBIはヴラッドを隠れ家に連行し、スタンはアルカディに電話をしてアマドールを解放しないとヴラッドを殺すと脅す。ジェニングス夫妻は亡くなったアマドールの死体を始末し、同僚の死を知ったスタンはヴラッドを殺す。
  • フィリップとエリザベスは誘拐されてKGBのスパイではないかと尋問を受ける。証拠を見せられても二人とも否定する。誘拐したのはKGBの工作員であり、内通者を見つけるためにジェニングス夫妻を調べていることがわかる。エリザベスはクラウディアを殴り倒し、誘拐を承認した幹部にメッセージを送らせる。フィリップは、エリザベスが以前のKGB担当にフィリップがアメリカのことを好き過ぎると言ったことを裏切りだと怒る。摘発を恐れたニーナはスタンの助けで支局長のワシーリーを罠にかける。ペイジとヘンリーは迎えが来ないためにヒッチハイクで帰宅するが怪しんで逃げ出し、このことを両親に秘密にする。
  • フィリップとヘンリーは新車のシボレー・カマロに乗って帰宅する。ルチアは復讐のためにラリックを殺そうとするが失敗し、ラリックを必要とするエリザベスの目の前で殺される。ケイトはかつてジェンキンス夫妻が盗み出したスクリューの設計に欠陥があり、ロシア潜水艦の沈没事故を招いたと言う。スタンはオレグにFBIの監視記録を渡す。
  • フレッドは電波吸収体のサンプルを盗み出すが撃たれて死ぬ。ラリックが行方不明とわかり、ケイトらの失踪とのかかわりを疑い、ジェニングス夫婦は子供たちを安全な場所に移す。ラリックはジェンキンス夫妻を捕えるが、ジャレッドと撃ちあって死ぬ。ジャレッドは死ぬ間際に、自分が家族を殺したと告白する。スタンは"エコー"プログラムをKGBに渡すことを拒否し、ニーナはソ連に送還される。クラウディアは、KGBがコナー夫妻の意志に反してジャレッドを第二世代のスパイにするためにケイトを送り込んだことを明かし、次はペイジだと言う。
  • キミーは両親の留守にキミーの家に招かれる。エリザベスは断酒会で知り合ったノースロップの従業員リサを昇進させるために同僚を殺す。スタンはジナイーダをロシアのスパイと証明して逮捕すれば、ニーナと交換できるとオレグに持ちかける。エリザベスは南アフリカ出身の学生ハンスをスパイとして訓練する。
  • エリザベスは子供たちの安全を心配して一緒に過ごす。緊急連絡を受けて外出し、ニカラグアのサンディニスタ民族解放戦線の工作員ルチアをトラブルから救う。フィリップはコナー夫婦の情報提供者のフレッドを調べるが罠にかけられて捕えられる。フレッドは潜水艦に関する重大な情報があると言う。ニーナは情報提供者が亡命を希望したことをスタンに話し、スタンはそれが世界銀行のブルース・ダメランであると突きとめる。
  • エリザベスは、政府と契約する防衛企業の部長であるアダム・ドーウィンに会う。妻を亡くしたばかりのドーウィンは"ウダチャ"と呼ばれるKGB協力者であり、KGBからの接触がないために孤独で動揺していることがわかる。FBIが最新の暗号化技術を用いた通信機を使い始めたために動きが把握できず、KGBは接触できずにいる。スタンはニーナに圧力をかけてKGBとウダチャの接触を知ろうとする。エリザベスは暗号化技術の入手を図り、通信機がFBIの車のトランクにあることを知り、潜入して暗号カードのコピーを手に入れる。KGBは暗号を解読しウダチャと接触の機会をもつが、FBIが尾行する。エリザベスはウダチャを殺す。KGBは内部に内通者がいることに気付く。
  • ペイジは洗礼を受ける。スタンはトーリとセックスをする。ガブリエルはフィリップに、イリーナとの間の息子が兵士としてアフガニスタンにいると告げる。フィリップはキミーに誘惑されるが、信仰を理由にかわす。ニーナはエヴィからボーイフレンドについての告白を引き出す。エリザベスはペイジをスパイとする準備を始める。
  • アマドールの指輪が質屋で見つかってグレゴリーに繋がり、スタンはグレゴリーを追い詰める。KGBはグレゴリーにアマドール殺しの濡れ衣を着せてソ連への亡命を誘う。だがグレゴリーは自分のやり方で人生を終わらせると拒否し、クラウディアとエリザベスの説得にも耳を貸さない。クラウディアはフィリップにグレゴリーを殺すよう頼むが、エリザベスはフィリップに懇願してグレゴリーを見逃させる。グレゴリーは警察の前に姿を現して銃撃戦で死ぬ。スタンはヴラッド殺しの犯人を捜すとニーナに約束する。スタンの妻は家族のためにFBIを辞職してくれと願う。ジェニングス夫婦は別居で苦しむ子供たちの世話に苦労する。
  • ニーナはオレグから反応を偽装する指導を受け、FBIの嘘発見器にかかる。フィリップはアーパネットからデータを盗み出す。ラリックはニカラグアに行って新たに基地を立ち上げ、マナグア港に機雷をしかけるよう命令されたとエリザベスに言う。コントラの訓練キャンプに潜入してラリックを殺すつもりでいたルチアはこれを聞いて動揺する。ニーナはオレグと寝る。
  • フィリップとエリザベスは潜水艦部品工場に潜入して新型スクリューの設計図の写真を撮る。エリザベスはコナー家の生き残りのジャレッドに会い、殺された母親からの正体を告白する手紙を渡そうとするが気を変える。ペイジは学校を休み、エリザベスが二か月間看病していたと言う大叔母の家を訪ねる。スタンはダメランの職場の世界銀行を調べて要人暗殺を阻止する。
  • ジェニングス夫妻はソ連からの亡命科学者のアントン・バクラーノフを調査する。クラウディアが夫妻に再会し、本部には知らせずにコナー家の殺害犯を探そうと言い、エメット・コナーに脅迫されていたネイビー・シールズのアンドリュー・ラリックが怪しいと言う。エリザベスは海軍の新兵のブラッド・マリンに近づき、ラリックにレイプされたと嘘をついて同情を買う。ラリックのことを調べさせようとするが、マリンは怖気づく。夫妻がバクラーノフを誘拐しようとした時、二人の男に襲われてバクラーノフは連れ去られる。ギャドはヴラッドの死の責任を取らされて降格される。オレグは家族のコネで高い情報アクセスの権限を手に入れてニーナの活動を知る。ペイジは新しい友人のケリーと教会に通い始める。マーサはクラークを名乗るフィリップとのすれ違い生活に苛立つ。
  • バクラーノフはソ連でステルス技術を研究させられるが電波吸収体の情報が不足する。エリザベスとケイトがそれぞれジャレッドと会う。ラリックはケイトを誘拐してKGB工作員の正体を知ろうとする。アルカディはニーナに命じてステルス技術の情報をスタンから得ようとする。フィリップはロッキードを恨む技術者から電波吸収体の情報を得る。
  • エリザベスとフィリップはコントラの訓練基地"マーシャル・イーグル"に潜入するが、予想外に多くの人間を殺してしまいフィリップは苦しむ。ジェニングス家は教会に行き、ペイジが貯金をすべて寄付したことを知って驚く。スタンはフレッドらステルス機の開発者から重要な会合があったことを聞き、そこでコナー家の惨殺事件が起きたことを知る。帰宅したスタンは妻から不倫をしていると聞かされる。エリザベスは断酒会に出席して、ノースロップの社員からステルス技術の情報を入手しようとする。
  • CIAはエリザベスの恩師ジューコフ将軍を含む3人のKGB高官をモスクワで暗殺する。エリザベスはKGBの命令に背き、暗殺を計画したとクラウディアが教えたCIA高官を殺そうとする。高官を誘拐するも解放する。エリザベスは和解しようとフィリップを訪ねるが、アパートを借りたと聞いて立ち去る。自分を操ってCIA高官を殺させようとしたとクラウディアを責めると、クラウディアは自分はかつてジューコフの愛人であったと語る。ジェニングス夫妻に対して悪意はなく、エリザベスがCIA高官を殺さなかったことに驚く。一方、スタンの妻は家を出る。スタンはニーナに会い二人の関係を切ろうとするが、決心を翻してセックスをする。ニーナは昇進してワインバーガー国防長官の盗聴文書を閲覧できるようになるが、ヴラッドの死を調べるためにスタンから隠す。マーサは、クラークと偽るフィリップを両親に紹介し、二人はフィリップを気にいる。
  • ギャドに脅されたアルカディはヴラッドの死に対する告発を取り下げ、ギャドは元の職務に復帰する。フィリップは情報提供者である国防次官補の妻のアナリーズにパキスタン軍統合情報局の高官ユースフを誘惑させてアフガニスタンに関わる情報を得ようとする。スタンはコナー家が非合法活動をしていたと知り、生き残りの息子ジャレッドを尋問する。ラリックはアメリカに戻り、"マーシャル・イーグル"基地で仲間の兵士を殺した相手を探し、ケイトの電話番号を手に入れる。
  • フィリップはスウェーデンの工作員を装って国防次官補の妻のアナリーズを誘惑し、国防長官キャスパー・ワインバーガーの部屋の写真を密かに撮らせる。三日後にワインバーガーと英国首相のマーガレット・サッチャー、および英国国防大臣ジョン・ノットがSDIについて会談することになる。ジェニングス夫婦は会談を盗聴するよう命令され、掃除婦のヴィオラを脅迫して時計に盗聴器を仕掛ける。一方、スタンはソ連大使館員のニーナを脅迫して情報提供者にする。
  • エリザベスはジャレッドを隠れ家に連れ出すが、ラリックが密かに追う。アルカディはニーナを捕えて裁判にかけるとスタンを脅し、"エコー"プログラムを盗ませようとする。マーサはFBIの極秘文書をフィリップに渡す。
prop-ja:showName
  • ジ・アメリカンズ
prop-ja:starring
prop-ja:title
  • 時計
  • 大佐
  • 信頼
  • 告白
  • ステルス
  • 新車
  • エコー
  • グレゴリー
  • ユースフ
  • アイネクライネナハトムジーク
  • ARPANET
  • カーディナル
  • クロニクル作戦
  • サラン峠
  • マーシャル・イーグル
  • 一握りの大麻
  • 主導権
  • 交換条件
  • 売家
  • 新たな人生
  • 来客の正体
  • 相互確証破壊
  • 義務と矜持の狭間
  • 誓いの言葉
  • 赤い扉の裏側
  • 通信傍受
  • 重荷
  • 陰の戦争
  • 隠れ家
prop-ja:viewers
  • 0.810000 (xsd:double)
  • 0.900000 (xsd:double)
  • 0.920000 (xsd:double)
  • 0.930000 (xsd:double)
  • 0.970000 (xsd:double)
  • 0.980000 (xsd:double)
  • 0.990000 (xsd:double)
  • 1.020000 (xsd:double)
  • 1.040000 (xsd:double)
  • 1.120000 (xsd:double)
  • 1.130000 (xsd:double)
  • 1.180000 (xsd:double)
  • 1.210000 (xsd:double)
  • 1.220000 (xsd:double)
  • 1.270000 (xsd:double)
  • 1.290000 (xsd:double)
  • 1.360000 (xsd:double)
  • 1.370000 (xsd:double)
  • 1.380000 (xsd:double)
  • 1.390000 (xsd:double)
  • 1.440000 (xsd:double)
  • 1.460000 (xsd:double)
  • 1.490000 (xsd:double)
  • 1.500000 (xsd:double)
  • 1.650000 (xsd:double)
  • 1.700000 (xsd:double)
  • 1.740000 (xsd:double)
  • 1.810000 (xsd:double)
  • 1.880000 (xsd:double)
  • 1.910000 (xsd:double)
  • 1.970000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writtenby
  • ジョエル・フィールズ
  • ステファン・シフ & ステュアート・ジッチャーマン
  • ジョエル・フィールズ & ジョー・ワイズバーグ
  • ステファン・シフ & トレーシー・スコット・ウィルソン
  • ピーター・アッカーマン & ステュアート・ジッチャーマン
  • 脚本: トレーシー・スコット・ウィルソン
  • ジョシュア・ブランド & メリッサ・ジェームズ・ギブソン
  • アンジェリーナ・バーネット
  • ジョシュア・ブランド
  • ジョー・ワイズバーグ
  • ステュアート・ジッチャーマン
  • スネハ・コーセ
  • ピーター・アッカーマン
  • ブラッドフォード・ウィンタース
  • ララ・シャピロ
  • 原案: オリバー・ノース &
dcterms:subject
rdfs:label
  • ジ・アメリカンズ
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of