Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は 、ジルコニウムの酸化物である。常態では白色の固体。融点が2700℃と高いため、耐熱性セラミックス材料として利用されている。また、透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤとも呼ばれ、宝飾品としても用いられている。天然にはバッデレイ石として産出する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 86652 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58433606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • [1314-23-4]
prop-ja:iupac名
  • 酸化ジルコニウム
prop-ja:name
  • ジルコニア
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:別名
  • 二酸化ジルコニウム
prop-ja:式量
  • 123.220000 (xsd:double)
prop-ja:形状
  • 白色固体
prop-ja:沸点
  • 4300 (xsd:integer)
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:組成式
  • ZrO2
prop-ja:結晶構造
prop-ja:融点
  • 2715 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジルコニア(二酸化ジルコニウム、化学式:ZrO2)は 、ジルコニウムの酸化物である。常態では白色の固体。融点が2700℃と高いため、耐熱性セラミックス材料として利用されている。また、透明でダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤとも呼ばれ、宝飾品としても用いられている。天然にはバッデレイ石として産出する。
rdfs:label
  • ジルコニア
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of