Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジルケ・オットー(Sylke Otto、1969年7月6日 - )は、ドイツの女子リュージュ選手である。カール=マルクス=シュタット(現在のケムニッツ)出身。1991年から2007年にかけて活躍した。オリンピックには3大会に出場し、2002年のソルトレイクシティオリンピックと2006年のトリノオリンピックで金メダルを獲得した。リュージュ世界選手権では計6個の金メダルを獲得(一人乗り:2000年、2001年、2003年、2005年 混合団体:2003年、2005年)している。またリュージュ・ワールドカップでは4度総合優勝(1994-95、1999-00、2002-03、2003-04)を達成した。2007年1月に現役を引退、同年5月に長女を出産した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2787679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1920 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53861147 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジルケ・オットー(Sylke Otto、1969年7月6日 - )は、ドイツの女子リュージュ選手である。カール=マルクス=シュタット(現在のケムニッツ)出身。1991年から2007年にかけて活躍した。オリンピックには3大会に出場し、2002年のソルトレイクシティオリンピックと2006年のトリノオリンピックで金メダルを獲得した。リュージュ世界選手権では計6個の金メダルを獲得(一人乗り:2000年、2001年、2003年、2005年 混合団体:2003年、2005年)している。またリュージュ・ワールドカップでは4度総合優勝(1994-95、1999-00、2002-03、2003-04)を達成した。2007年1月に現役を引退、同年5月に長女を出産した。
rdfs:label
  • ジルケ・オットー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of