Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世(George Washington Vanderbilt II, 1862年11月14日 ニューヨーク - 1914年3月6日 ワシントンD.C.)は、アメリカ合衆国の富豪ヴァンダービルト家の相続人の1人。鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの孫。合衆国で最も巨大な個人邸宅であり、「金ぴか時代」のアメリカの象徴とされるビルトモア・ハウス(Biltmore House)とその地所(いわゆるビルトモア・エステート)を建設したことで知られる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2447317 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 50 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47137845 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世(George Washington Vanderbilt II, 1862年11月14日 ニューヨーク - 1914年3月6日 ワシントンD.C.)は、アメリカ合衆国の富豪ヴァンダービルト家の相続人の1人。鉄道王コーネリアス・ヴァンダービルトの孫。合衆国で最も巨大な個人邸宅であり、「金ぴか時代」のアメリカの象徴とされるビルトモア・ハウス(Biltmore House)とその地所(いわゆるビルトモア・エステート)を建設したことで知られる。
rdfs:label
  • ジョージ・ワシントン・ヴァンダービルト2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of