Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョージ・ロジャース・クラーク(英:George Rogers Clark、1752年11月19日 - 1818年2月13日)は、アメリカ独立戦争の北西部辺境におけるアメリカ軍指揮官である。クラークの名声の頂点は北西部領土の征服者として歓呼の声に迎えられた時であり、当時の英雄になった。クラークの弟ウィリアム・クラークは、太平洋へ陸路での探検をして帰還したルイス・クラーク探検隊の指導者の一人であった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1081955 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 115 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57567672 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:各国語表記
  • George Rogers Clark
prop-ja:
  • ケンタッキー州ルイビル、ゲイブヒル墓地
prop-ja:戦闘
prop-ja:所属組織
  • バージニア民兵
prop-ja:死没地
  • ケンタッキー州ルイビル
prop-ja:氏名
  • ジョージ・ロジャース・クラーク
prop-ja:没年月日
  • --02-13
prop-ja:生年月日
  • --11-19
prop-ja:生誕地
  • バージニア植民地アルベマール郡
prop-ja:画像
  • George_Rogers_Clark.jpg
prop-ja:軍歴
  • 1776 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョージ・ロジャース・クラーク(英:George Rogers Clark、1752年11月19日 - 1818年2月13日)は、アメリカ独立戦争の北西部辺境におけるアメリカ軍指揮官である。クラークの名声の頂点は北西部領土の征服者として歓呼の声に迎えられた時であり、当時の英雄になった。クラークの弟ウィリアム・クラークは、太平洋へ陸路での探検をして帰還したルイス・クラーク探検隊の指導者の一人であった。
rdfs:label
  • ジョージ・ロジャース・クラーク
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:namedFor of
is prop-ja:relations of
is foaf:primaryTopic of