Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョージ・メイソン(George Mason, 1725年12月11日 - 1792年10月7日)は、アメリカ合衆国の政治家。合衆国憲法制定会議の代表を務めたことから、アメリカ合衆国建国の父(ファウンディング・ファーザーズ)の1人として見なされている。合衆国の権利章典の基礎となるバージニア権利章典を起草したことから、「権利章典の父」とも呼ばれる。メイソンが起草したバージニア権利章典は18世紀の自然権思想を集約的に成文化したものであり、基本的人権の思想を世界で初めて明文化した。合衆国憲法制定の際には、基本的人権の保障が明確に示されていなかったことから、反フェデラリストのパトリック・ヘンリーとともに署名を拒否した。メイソンは合衆国憲法に権利章典を加えることを主張し、1791年に修正第一条から修正第十条までの修正条項として追加された。メイソンは奴隷所有者であったが、奴隷制度の廃止に賛成していた。メイソンは奴隷制度を「我々人民の知性と道徳を絶えず汚染し続けている、遅効性の毒物である」と批判した。だがその一方で、憲法で奴隷制度について言及することには、それが奴隷制度を肯定する立場であっても否定する立場であっても、反対した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 733354 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47125327 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョージ・メイソン(George Mason, 1725年12月11日 - 1792年10月7日)は、アメリカ合衆国の政治家。合衆国憲法制定会議の代表を務めたことから、アメリカ合衆国建国の父(ファウンディング・ファーザーズ)の1人として見なされている。合衆国の権利章典の基礎となるバージニア権利章典を起草したことから、「権利章典の父」とも呼ばれる。メイソンが起草したバージニア権利章典は18世紀の自然権思想を集約的に成文化したものであり、基本的人権の思想を世界で初めて明文化した。合衆国憲法制定の際には、基本的人権の保障が明確に示されていなかったことから、反フェデラリストのパトリック・ヘンリーとともに署名を拒否した。メイソンは合衆国憲法に権利章典を加えることを主張し、1791年に修正第一条から修正第十条までの修正条項として追加された。メイソンは奴隷所有者であったが、奴隷制度の廃止に賛成していた。メイソンは奴隷制度を「我々人民の知性と道徳を絶えず汚染し続けている、遅効性の毒物である」と批判した。だがその一方で、憲法で奴隷制度について言及することには、それが奴隷制度を肯定する立場であっても否定する立場であっても、反対した。
rdfs:label
  • ジョージ・メイソン (4世)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of