Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 第4代アバディーン伯爵、ジョージ・ハミルトン=ゴードン(英語: George Hamilton-Gordon, 4th Earl of Aberdeen, KG, KT, FRS, PC, 1784年1月28日 - 1860年12月14日)は、イギリスの政治家、貴族。はじめトーリー党(保守党)の政治家だったが、穀物法廃止をめぐる保守党分裂の際には自由貿易を奉じるピール派に属して保守党を離れた。ロバート・ピールの死後には代わってピール派の指導者となる。ホイッグ党が内紛を起こしていたため、1852年12月にホイッグ党とピール派の連立政権の首相となる。在任中にクリミア戦争が発生した。1855年1月に退任し、ホイッグのパーマストン子爵に首相職を譲った。アバディーン伯爵位の法定推定相続人の地位にあった1791年から1801年までハッド卿(Lord Haddo)の儀礼称号を使用した。
dbpedia-owl:activeYearsEndDate
  • 2014-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartDate
  • 1922-01-01 (xsd:date)
  • 1928-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1860-12-14 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:party
dbpedia-owl:school
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1354428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 12190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56360262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:before
prop-ja:id
  • 12 (xsd:integer)
  • 85738 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Catherine Elizabeth Gordon , Countess of Aberdeen
  • George Hamilton Gordon, 4th Earl of Aberdeen
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 20 (xsd:integer)
  • 首相
  • 外務大臣
  • 陸軍・植民地大臣
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1801 (xsd:integer)
  • 1813 (xsd:integer)
  • 1814 (xsd:integer)
  • 1828 (xsd:integer)
  • 1834 (xsd:integer)
  • 1841 (xsd:integer)
  • 1846 (xsd:integer)
  • 1852 (xsd:integer)
prop-ja:サイン
  • George Hamilton-Gordon, 4th Earl of Aberdeen Signature.svg
prop-ja:人名
  • ジョージ・ハミルトン=ゴードン
  • 第4代アバディーン伯爵
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:内閣
  • 第一次ウェリントン公爵内閣
  • 第二次ロバート・ピール内閣
prop-ja:出生地
  • スコットランド・エディンバラ
prop-ja:出身校
  • ケンブリッジ大学
prop-ja:国旗
  • UK
prop-ja:就任日
  • --06-01
  • --06-02
  • --09-02
  • --12-28
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • イングランド・ロンドン
prop-ja:没年月日
  • 1860-12-14 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --01-28
prop-ja:画像
  • George Hamilton-Gordon.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 1850 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
  • 第4代アバディーン伯爵、ガーター勲章勲爵士(KG)、シッスル勲章(KT)、王立協会フェロー(FRS)、枢密顧問官 (PC)
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --01-31
  • --07-06
  • --12-14
prop-ja:配偶者
  • ハリエット
  • キャサリン・ハミルトン
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 第4代アバディーン伯爵、ジョージ・ハミルトン=ゴードン(英語: George Hamilton-Gordon, 4th Earl of Aberdeen, KG, KT, FRS, PC, 1784年1月28日 - 1860年12月14日)は、イギリスの政治家、貴族。はじめトーリー党(保守党)の政治家だったが、穀物法廃止をめぐる保守党分裂の際には自由貿易を奉じるピール派に属して保守党を離れた。ロバート・ピールの死後には代わってピール派の指導者となる。ホイッグ党が内紛を起こしていたため、1852年12月にホイッグ党とピール派の連立政権の首相となる。在任中にクリミア戦争が発生した。1855年1月に退任し、ホイッグのパーマストン子爵に首相職を譲った。アバディーン伯爵位の法定推定相続人の地位にあった1791年から1801年までハッド卿(Lord Haddo)の儀礼称号を使用した。
rdfs:label
  • ジョージ・ハミルトン=ゴードン (第4代アバディーン伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジョージ・ハミルトン=ゴードン
  • 第4代アバディーン伯爵
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:内閣 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of