Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョージ・ウェルズ・ビードル(George Wells Beadle、1903年10月22日 - 1989年6月9日)は、アメリカ合衆国の遺伝学者で、遺伝子が細胞内の生化学過程を制御していることを発見し、エドワード・ローリー・タータムとともに1958年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。また同年にはジョシュア・レダーバーグも受賞している。ビードルとタータムは、アカパンカビ(Neurospora crassa)にX線を照射し、突然変異を起こさせた。それらの仲から代謝系路上の特定の酵素が変異しているものを探し、その生理と遺伝について研究を行った。1941年の実験で遺伝子と酵素反応が直接関連していることをあきらかにし、これが後に「一遺伝子一酵素説」として知られるようになった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1078953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2392 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57975863 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョージ・ウェルズ・ビードル(George Wells Beadle、1903年10月22日 - 1989年6月9日)は、アメリカ合衆国の遺伝学者で、遺伝子が細胞内の生化学過程を制御していることを発見し、エドワード・ローリー・タータムとともに1958年度のノーベル生理学・医学賞を受賞した。また同年にはジョシュア・レダーバーグも受賞している。ビードルとタータムは、アカパンカビ(Neurospora crassa)にX線を照射し、突然変異を起こさせた。それらの仲から代謝系路上の特定の酵素が変異しているものを探し、その生理と遺伝について研究を行った。1941年の実験で遺伝子と酵素反応が直接関連していることをあきらかにし、これが後に「一遺伝子一酵素説」として知られるようになった。
rdfs:label
  • ジョージ・ウェルズ・ビードル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of