Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョヴァンナ1世・ダンジョ(Giovanna I d'Angiò, 1327年、ナポリ - 1382年5月12日、ムーロ・ルカーノ)は、ナポリ女王(在位:1343年 - 1382年)。エルサレム女王、シチリア女王、アカイア公、プロヴァンス伯、フォルカルキエ伯の称号を有した。ナポリ王ロベルトの長男カラブリア公カルロと、フランス王フィリップ6世の異母妹マリーア・ディ・ヴァロワの娘。1343年、祖父のロベルトを継いでナポリ女王となった。しかし、王位を又従兄のハンガリー王ラヨシュ1世に狙われ(ラヨシュ1世のナポリ遠征)、1347年にナポリから追放され、フランスへ亡命した。1352年に復帰を果たしたが、1382年、ムーロ・ルカーノで、ラヨシュ1世の命を受けた又従弟のカルロ・ディ・ドゥラッツォによって暗殺され、最後の夫に先立って死去した。代わってカルロ・ディ・ドゥラッツォがカルロ3世として王位についた。カルロ3世はまた、ジョヴァンナの妹マリア・ディ・カラブリアの娘マルゲリータの夫でもあった。ジョヴァンナは4度結婚した。最初にハンガリー王ラヨシュ1世の弟で又従兄に当たるアンドラーシュ(エンドレ)と結婚したが、1345年に暗殺された(ジョヴァンナ自身が加担したとも言われる)。アンドラーシュとの間には1男が生まれたが早世している。翌1346年に父カルロの従弟であり自身の母方の従兄でもあるターラント公ルイージと2度目の結婚をしたが、1362年に死別した。ルイージとの間には2女が生まれたが、いずれも早世している。翌1363年にマヨルカ王ジャウメ4世と結婚したが、1375年に死別し、子は生まれなかった。翌1376年にブラウンシュヴァイク=グルーベンハーゲン公オットーと最後の結婚をしたが、子は生まれなかった。なお、1348年に教皇クレメンス6世がジョヴァンナからアヴィニョンを買い取っている。その後アヴィニョンは教皇宮殿を中心に国際ゴシック様式が流行、フランス革命で没収されるまで教皇領の一部となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1035800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58758961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1382年没___世界史
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョヴァンナ1世・ダンジョ(Giovanna I d'Angiò, 1327年、ナポリ - 1382年5月12日、ムーロ・ルカーノ)は、ナポリ女王(在位:1343年 - 1382年)。エルサレム女王、シチリア女王、アカイア公、プロヴァンス伯、フォルカルキエ伯の称号を有した。ナポリ王ロベルトの長男カラブリア公カルロと、フランス王フィリップ6世の異母妹マリーア・ディ・ヴァロワの娘。1343年、祖父のロベルトを継いでナポリ女王となった。しかし、王位を又従兄のハンガリー王ラヨシュ1世に狙われ(ラヨシュ1世のナポリ遠征)、1347年にナポリから追放され、フランスへ亡命した。1352年に復帰を果たしたが、1382年、ムーロ・ルカーノで、ラヨシュ1世の命を受けた又従弟のカルロ・ディ・ドゥラッツォによって暗殺され、最後の夫に先立って死去した。代わってカルロ・ディ・ドゥラッツォがカルロ3世として王位についた。カルロ3世はまた、ジョヴァンナの妹マリア・ディ・カラブリアの娘マルゲリータの夫でもあった。ジョヴァンナは4度結婚した。最初にハンガリー王ラヨシュ1世の弟で又従兄に当たるアンドラーシュ(エンドレ)と結婚したが、1345年に暗殺された(ジョヴァンナ自身が加担したとも言われる)。アンドラーシュとの間には1男が生まれたが早世している。翌1346年に父カルロの従弟であり自身の母方の従兄でもあるターラント公ルイージと2度目の結婚をしたが、1362年に死別した。ルイージとの間には2女が生まれたが、いずれも早世している。翌1363年にマヨルカ王ジャウメ4世と結婚したが、1375年に死別し、子は生まれなかった。翌1376年にブラウンシュヴァイク=グルーベンハーゲン公オットーと最後の結婚をしたが、子は生まれなかった。なお、1348年に教皇クレメンス6世がジョヴァンナからアヴィニョンを買い取っている。その後アヴィニョンは教皇宮殿を中心に国際ゴシック様式が流行、フランス革命で没収されるまで教皇領の一部となった。
rdfs:label
  • ジョヴァンナ1世 (ナポリ女王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of