Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ヤング・ブラウン(英: John Young Brown、1835年6月28日 - 1904年1月11日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1891年から1895年まで第31代ケンタッキー州知事を務めた。1859年から1861年、および1873年から1877年にはケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員を務めた。ブラウンは都合3回アメリカ合衆国下院議員に選ばれたが、それぞれの期に論争があって紛糾した。最初に選ばれたのが1859年だが、まだ25歳になっておらず、憲法の規定を満たしていないと抗議したにもかかわらず選出された。選挙区の有権者がブラウンを選んだが、すぐには議員になれず、次の会期である第36期になって法廷年齢に達していたので議員になれた。その後ケンタッキー州内でヘンダーソンに移転し、そこの選挙区で1866年にも選出された。このときは南北戦争の間にアメリカ合衆国に忠実でなかったとされたことで議員就任を否定された。選挙区の有権者は別の代表を選ぶことを拒否し、議席は1期を通じて空席のままになった。ブラウンは1871年に州知事選挙に出馬して落選した後、再度1872年に下院議員に選出され、連続3期を務めた。その最後の任期で、マサチューセッツ州選出の下院議員ベンジャミン・フランクリン・バトラーを批判する演説を行ったことで、公式に問責された。この問責は後に議会記録から消去された。ブラウンは下院議員を務めた後、一次政界から離れていたが、1891年にケンタッキー州知事選挙の候補者となることで政治の世界に復帰した。4人が出馬した民主党予備選挙で指名を確保し、知事選挙では共和党の対抗馬アンドリュー・T・ウッドに対して大勝した。ブラウン政権と州の民主党は金本位制支持者(ブラウン他)と自由銀支持者の間で分裂した。1891年にケンタッキー州新憲法が制定されたばかりであり、ブラウンの政権がその下での最初の政権だったので、議会の時間は新憲法に州の法典を適用させることに費やされた。その結果、ブラウンの任期中には取り立てて重要な成果が得られなかった。ブラウンは知事としての任期が明けた後に、議会が自分をアメリカ合衆国上院議員に選出してくれることを期待した。党の自由銀派とは既に疎遠になっていたが、次期州知事選挙で民主党候補になっていたキャシアス・M・クレイ・ジュニア、いわゆる「ゴールドバッグ」の後ろ盾を得ていた。しかし、ブラウンの子供のうち2人が死んだことで、州知事選挙に対する興味も上院議員になりたいという望みもなくなってしまった。1899年民主党指名大会では候補者のウィリアム・ゴーベルが問題の残る戦術を使って知事候補指名を確保し、これに不満を抱いた党の派閥が別の指名大会を開いて、知事選挙の対抗馬にブラウンを選んだ。選挙でゴーベルが最終的な勝利宣言を行ったが、直後に暗殺された。ブラウンはこの暗殺で共謀者として訴えられた元州務長官ケイレブ・パワーズの法廷弁護人になった。ブラウンは1904年1月11日にヘンダーソンで死んだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2987615 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 72 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55796680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
  • センター・カレッジ
prop-ja:alternativeNames
  • Brown, John Young
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
prop-ja:dateOfBirth
  • June 28, 1835
prop-ja:dateOfDeath
  • January 11, 1904
prop-ja:deathDate
  • 1904-01-11 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州ヘンダーソン
prop-ja:district
  • 2 (xsd:integer)
  • 5 (xsd:integer)
  • 第2選挙区
  • 第5選挙区
prop-ja:lieutenant
prop-ja:name
  • Brown, John Y.
  • John Young Brown
  • ジョン・ヤング・ブラウン
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • 第31代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
  • Claysville, Kentucky, United States
prop-ja:placeOfDeath
  • Henderson, Kentucky
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士
prop-ja:relations
  • ブライアン・ラスト・ヤングとウィリアム・シングルトン・ヤングの甥
prop-ja:religion
prop-ja:shortDescription
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:spouse
  • ルーシー・バービー
  • レベッカ・ハート・ディクソン
prop-ja:state
  • ケンタッキー州
  • ケンタッキー
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-03
  • --12-10
prop-ja:termStart
  • --03-04
  • --09-02
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1895 (xsd:integer)
  • --03-04
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・ヤング・ブラウン(英: John Young Brown、1835年6月28日 - 1904年1月11日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、1891年から1895年まで第31代ケンタッキー州知事を務めた。1859年から1861年、および1873年から1877年にはケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員を務めた。ブラウンは都合3回アメリカ合衆国下院議員に選ばれたが、それぞれの期に論争があって紛糾した。最初に選ばれたのが1859年だが、まだ25歳になっておらず、憲法の規定を満たしていないと抗議したにもかかわらず選出された。選挙区の有権者がブラウンを選んだが、すぐには議員になれず、次の会期である第36期になって法廷年齢に達していたので議員になれた。その後ケンタッキー州内でヘンダーソンに移転し、そこの選挙区で1866年にも選出された。このときは南北戦争の間にアメリカ合衆国に忠実でなかったとされたことで議員就任を否定された。選挙区の有権者は別の代表を選ぶことを拒否し、議席は1期を通じて空席のままになった。ブラウンは1871年に州知事選挙に出馬して落選した後、再度1872年に下院議員に選出され、連続3期を務めた。その最後の任期で、マサチューセッツ州選出の下院議員ベンジャミン・フランクリン・バトラーを批判する演説を行ったことで、公式に問責された。この問責は後に議会記録から消去された。ブラウンは下院議員を務めた後、一次政界から離れていたが、1891年にケンタッキー州知事選挙の候補者となることで政治の世界に復帰した。4人が出馬した民主党予備選挙で指名を確保し、知事選挙では共和党の対抗馬アンドリュー・T・ウッドに対して大勝した。ブラウン政権と州の民主党は金本位制支持者(ブラウン他)と自由銀支持者の間で分裂した。1891年にケンタッキー州新憲法が制定されたばかりであり、ブラウンの政権がその下での最初の政権だったので、議会の時間は新憲法に州の法典を適用させることに費やされた。その結果、ブラウンの任期中には取り立てて重要な成果が得られなかった。ブラウンは知事としての任期が明けた後に、議会が自分をアメリカ合衆国上院議員に選出してくれることを期待した。党の自由銀派とは既に疎遠になっていたが、次期州知事選挙で民主党候補になっていたキャシアス・M・クレイ・ジュニア、いわゆる「ゴールドバッグ」の後ろ盾を得ていた。しかし、ブラウンの子供のうち2人が死んだことで、州知事選挙に対する興味も上院議員になりたいという望みもなくなってしまった。1899年民主党指名大会では候補者のウィリアム・ゴーベルが問題の残る戦術を使って知事候補指名を確保し、これに不満を抱いた党の派閥が別の指名大会を開いて、知事選挙の対抗馬にブラウンを選んだ。選挙でゴーベルが最終的な勝利宣言を行ったが、直後に暗殺された。ブラウンはこの暗殺で共謀者として訴えられた元州務長官ケイレブ・パワーズの法廷弁護人になった。ブラウンは1904年1月11日にヘンダーソンで死んだ。
rdfs:label
  • ジョン・Y・ブラウン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:nominee of
is prop-ja:predecessor of
is foaf:primaryTopic of