Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ホワイト・スティーブンソン(英: John White Stevenson、1812年5月4日 - 1886年8月10日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第25代ケンタッキー州知事を務めた。またケンタッキー州選出のアメリカ合衆国議会両院の議員も務めた。父はアメリカ合衆国下院議長を務め、外交官でもあったアンドリュー・スティーブンソンだった。1832年にバージニア大学を卒業し、従兄弟であるウィロビー・ニュートン(アメリカ合衆国下院議員)の下で法律を学んだ。ミシシッピ州で短期間法律実務を行った後、ケンタッキー州コビントンに移り、郡検察官に選出された。ケンタッキー州議会下院議員を務めた後、1849年には州の第3回憲法制定会議代議員に選ばれ、法典を改定する3人の委員の1人になり、その任務を1854年に終えた。民主党員としてアメリカ合衆国下院議員に2期連続で選ばれ、このとき南北戦争を回避するための妥協案幾つかを支持し、それが失敗したことについて急進派共和党を攻撃した。1861年、下院議員の再選に失敗した後、アメリカ連合国の同調者だったスティーブンソンは、戦争の間には公的生活から離れていた。他の多くの南軍同調者が投獄されたが、スティーブンソンは免れることができた。1867年、ジョン・L・ヘルムが州知事に、スティーブンソンが副知事に選ばれて5日後、ヘルムが死に、スティーブンソンが知事代行になった。スティーブンソンは1868年にあった特別選挙でも勝利し、ヘルムの残された任期を全うした。知事としてのスティーブンソンは、州の事情と考えることに連邦政府が干渉するのに反対したが、黒人に新しく与えられた権利は守られるべきであるとし、州内で起きた戦後の暴力沙汰は民兵を動員して鎮めた。財政的には保守的だったが、教育に資する新税を提案し、州の教育局を新設した。1871年、アメリカ合衆国上院議員選挙で、現職のトマス・マクリアリーが、ケンタッキー州民の大半に憎まれているスティーブン・G・バーブリッジを連邦政府の役職に指名されるのを支持したと批判した後で、マクリアリーを破って当選した。上院では、内国改良に反対し、アメリカ合衆国憲法の厳格な解釈を行う者達を擁護した。憲法で認められている権限を拡大しようという動きに抵抗した。1873年後半からは、上院民主党議員団の初代会長(後に院内総務と呼ばれた)を務めた。1877年の任期あけには再選を求めず、法律実務に戻って、ウィリアム・ゴーベル(後のケンタッキー州知事)との共同経営を始めた。1880年民主党全国大会では議長を務め、1884年にはアメリカ法曹協会会長に選ばれた。1886年8月10日、スティーブンソンは死に、オハイオ州シンシナティのスプリンググローブ墓地に埋葬された。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2968365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24202 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57569269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:almaMater
prop-ja:alongside
prop-ja:alternativeNames
  • Stevenson, John White
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • バージニア州リッチモンド
prop-ja:class
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfBirth
  • May 4, 1812
prop-ja:dateOfDeath
  • August 10, 1886
prop-ja:deathDate
  • 1886-08-10 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州コビントン
prop-ja:district
  • 10 (xsd:integer)
  • 第10選挙区
prop-ja:governor
prop-ja:jr/sr
  • アメリカ合衆国上院議員
prop-ja:lieutenant
  • プレストン・レスリー
prop-ja:name
  • John White Stevenson
  • Stevenson, John W.
  • ジョン・ホワイト・スティーブンソン
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
  • アメリカ法曹協会会長
  • 第18代ケンタッキー州副知事
prop-ja:order
  • 第7代
  • 第25代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
  • Richmond, Virginia, United States
prop-ja:placeOfDeath
  • Covington, Kentucky, United States
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 弁護士、大学教授
prop-ja:relations
prop-ja:religion
prop-ja:restingPlace
  • スプリンググローブ墓地
prop-ja:shortDescription
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:signature
  • John-W.-Stevenson-sig.jpg
prop-ja:signatureAlt
  • J. W. Stevenson
prop-ja:spouse
  • シベラ・ウィンストン・スティーブンソン
prop-ja:state
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1885 (xsd:integer)
  • --02-13
  • --03-03
  • --09-08
prop-ja:termStart
  • 1884 (xsd:integer)
  • --03-04
  • --09-03
  • --09-08
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1867 (xsd:integer)
  • --03-04
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・ホワイト・スティーブンソン(英: John White Stevenson、1812年5月4日 - 1886年8月10日)は、19世紀アメリカ合衆国の政治家、弁護士であり、第25代ケンタッキー州知事を務めた。またケンタッキー州選出のアメリカ合衆国議会両院の議員も務めた。父はアメリカ合衆国下院議長を務め、外交官でもあったアンドリュー・スティーブンソンだった。1832年にバージニア大学を卒業し、従兄弟であるウィロビー・ニュートン(アメリカ合衆国下院議員)の下で法律を学んだ。ミシシッピ州で短期間法律実務を行った後、ケンタッキー州コビントンに移り、郡検察官に選出された。ケンタッキー州議会下院議員を務めた後、1849年には州の第3回憲法制定会議代議員に選ばれ、法典を改定する3人の委員の1人になり、その任務を1854年に終えた。民主党員としてアメリカ合衆国下院議員に2期連続で選ばれ、このとき南北戦争を回避するための妥協案幾つかを支持し、それが失敗したことについて急進派共和党を攻撃した。1861年、下院議員の再選に失敗した後、アメリカ連合国の同調者だったスティーブンソンは、戦争の間には公的生活から離れていた。他の多くの南軍同調者が投獄されたが、スティーブンソンは免れることができた。1867年、ジョン・L・ヘルムが州知事に、スティーブンソンが副知事に選ばれて5日後、ヘルムが死に、スティーブンソンが知事代行になった。スティーブンソンは1868年にあった特別選挙でも勝利し、ヘルムの残された任期を全うした。知事としてのスティーブンソンは、州の事情と考えることに連邦政府が干渉するのに反対したが、黒人に新しく与えられた権利は守られるべきであるとし、州内で起きた戦後の暴力沙汰は民兵を動員して鎮めた。財政的には保守的だったが、教育に資する新税を提案し、州の教育局を新設した。1871年、アメリカ合衆国上院議員選挙で、現職のトマス・マクリアリーが、ケンタッキー州民の大半に憎まれているスティーブン・G・バーブリッジを連邦政府の役職に指名されるのを支持したと批判した後で、マクリアリーを破って当選した。上院では、内国改良に反対し、アメリカ合衆国憲法の厳格な解釈を行う者達を擁護した。憲法で認められている権限を拡大しようという動きに抵抗した。1873年後半からは、上院民主党議員団の初代会長(後に院内総務と呼ばれた)を務めた。1877年の任期あけには再選を求めず、法律実務に戻って、ウィリアム・ゴーベル(後のケンタッキー州知事)との共同経営を始めた。1880年民主党全国大会では議長を務め、1884年にはアメリカ法曹協会会長に選ばれた。1886年8月10日、スティーブンソンは死に、オハイオ州シンシナティのスプリンググローブ墓地に埋葬された。
rdfs:label
  • ジョン・W・スティーブンソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:lieutenant of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of