Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・マクスウェル・ラインハム・ラヴ (John Maxwell Lineham Love, 1924年12月7日 - 2005年4月25日) は、ローデシア出身のレーシングドライバー。1962年12月29日にF1デビューし、10戦に出走した。彼は1度の表彰台を達成し、合計6ポイントを獲得した。ラヴはブラワヨで生まれた。彼はトライアンフ・グランプリでバイクレースに参加した後、4輪レース経歴をノートン・マンクスの500ccエンジンを積んだクーパー・F3で始めた。そして、ジム・レッドマンがクーパーの整備をすることを認め、レッドマンがレースを始めることを許した。1961年から62年にかけてケン・ティレルのチームからクーパー・オースチンでヨーロッパ・フォーミュラ・ジュニアに参加し、その後1960年代には南アフリカF1選手権チャンピオンを6度獲得する。アルビでの不運な事故で腕をひどく骨折し、その怪我が事実上F1へのフル参戦を阻むこととなったが、1964年イタリアグランプリでフィル・ヒルの代役としてワークス・クーパーをドライブし、フル参戦へ近づくこととなった。それでも、彼は南アフリカグランプリのレギュラーの競争者となり、1967年のキャラミでは2.7リッターのクライマックスエンジンを搭載したクーパーでレースをリードしたが、ミスファイアのため燃料補給を行わねばならず、予定外のストップで後退し、ワークスクーパーのペドロ・ロドリゲスに次ぐ2位でフィニッシュした。ラヴは1960年代に南アフリカのレースを支配し、1964年から69年まで南アフリカF1選手権で6度の優勝を果たした。また、ホームレースのローデシアグランプリで6度優勝した。ラヴはブラワヨにジャガー販売代理店を所有し、1980年代には自身のストックカーレーシングチームを持っていた。彼は2005年に80歳で癌のため死去した。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2955154 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6594 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 181 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54131976 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:deathPlace
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1962 (xsd:integer)
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:出走回数
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:出身地
  • 同・ブラワヨ
prop-ja:初戦
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:所属チーム
  • '71 マーチ
  • '72 サーティース
  • '62,'63,'64,'65,'67 クーパー
  • '68 ブラバム
  • '69,'70 ロータス
prop-ja:最終戦
  • 1972 (xsd:integer)
prop-ja:氏名
  • ジョン・ラヴ
prop-ja:没年月日
  • 2005-04-25 (xsd:date)
prop-ja:表彰台回数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:通算獲得ポイント
  • 6 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・マクスウェル・ラインハム・ラヴ (John Maxwell Lineham Love, 1924年12月7日 - 2005年4月25日) は、ローデシア出身のレーシングドライバー。1962年12月29日にF1デビューし、10戦に出走した。彼は1度の表彰台を達成し、合計6ポイントを獲得した。ラヴはブラワヨで生まれた。彼はトライアンフ・グランプリでバイクレースに参加した後、4輪レース経歴をノートン・マンクスの500ccエンジンを積んだクーパー・F3で始めた。そして、ジム・レッドマンがクーパーの整備をすることを認め、レッドマンがレースを始めることを許した。1961年から62年にかけてケン・ティレルのチームからクーパー・オースチンでヨーロッパ・フォーミュラ・ジュニアに参加し、その後1960年代には南アフリカF1選手権チャンピオンを6度獲得する。アルビでの不運な事故で腕をひどく骨折し、その怪我が事実上F1へのフル参戦を阻むこととなったが、1964年イタリアグランプリでフィル・ヒルの代役としてワークス・クーパーをドライブし、フル参戦へ近づくこととなった。それでも、彼は南アフリカグランプリのレギュラーの競争者となり、1967年のキャラミでは2.7リッターのクライマックスエンジンを搭載したクーパーでレースをリードしたが、ミスファイアのため燃料補給を行わねばならず、予定外のストップで後退し、ワークスクーパーのペドロ・ロドリゲスに次ぐ2位でフィニッシュした。ラヴは1960年代に南アフリカのレースを支配し、1964年から69年まで南アフリカF1選手権で6度の優勝を果たした。また、ホームレースのローデシアグランプリで6度優勝した。ラヴはブラワヨにジャガー販売代理店を所有し、1980年代には自身のストックカーレーシングチームを持っていた。彼は2005年に80歳で癌のため死去した。
rdfs:label
  • ジョン・ラヴ (レーサー)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of