ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。 反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。

Property Value
dbo:abstract
  • ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。 反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。 (ja)
  • ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。 反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。 (ja)
dbo:birthDate
  • 1888-02-25 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1959-05-24 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:region
dbo:school
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 218576 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 14410 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81473476 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:caption
prop-ja:direction
  • vertical (ja)
  • vertical (ja)
prop-ja:image
  • John Foster Dulles, Richard Nixon, and Sukarno, Presiden Soekarno di Amerika Serikat, p2.jpg (ja)
  • President Eisenhower and John Foster Dulles in 1956.jpg (ja)
  • John Foster Dulles, Richard Nixon, and Sukarno, Presiden Soekarno di Amerika Serikat, p2.jpg (ja)
  • President Eisenhower and John Foster Dulles in 1956.jpg (ja)
prop-ja:state
  • expanded (ja)
  • expanded (ja)
prop-ja:title
  • アメリカ合衆国国務長官 (ja)
  • ニューヨーク州選出上院議員(第3部) (ja)
  • アメリカ合衆国国務長官 (ja)
  • ニューヨーク州選出上院議員(第3部) (ja)
prop-ja:width
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --01-21
  • --07-07
prop-ja:サイン
  • Staatsvertragsunterschriften John Foster Dulles.jpg (ja)
  • Staatsvertragsunterschriften John Foster Dulles.jpg (ja)
prop-ja:人名
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
prop-ja:元首
prop-ja:元首職
prop-ja:出生地
  • ワシントンD.C. (ja)
  • ワシントンD.C. (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:各国語表記
  • John Foster Dulles (ja)
  • John Foster Dulles (ja)
prop-ja:国旗
  • USA1912 (ja)
  • USA1912 (ja)
prop-ja:子女
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:就任日
  • --01-26
  • --07-07
prop-ja:所属政党
prop-ja:死没地
  • ワシントンD.C. (ja)
  • ワシントンD.C. (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1959-05-24 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • 1888-02-25 (xsd:date)
prop-ja:画像
  • Senator John Foster Dulles .jpg (ja)
  • Senator John Foster Dulles .jpg (ja)
prop-ja:職名
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --04-22
  • --11-08
prop-ja:配偶者
  • ジャネット・ポメロイ・エイヴリー (ja)
  • ジャネット・ポメロイ・エイヴリー (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。 反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。 (ja)
  • ジョン・フォスター・ダレス(John Foster Dulles, 1888年2月25日 - 1959年5月24日)は、アメリカ合衆国の政治家。サンフランシスコ平和条約が締結された1951年9月8日、その同日に調印された日米安全保障条約の「生みの親」とされる。1953年から1959年までドワイト・D・アイゼンハワー大統領の下で第52代国務長官を務めた。ジャパン・ロビー。 反共主義の積極的なスタンスを主張した、冷戦時代の政治家であった。インドシナでベトミンと戦うフランスの支援を主張し、1954年のジュネーブ会議では握手を求める周恩来を拒絶した。講和発効以降、国際社会に復帰したばかりの日本(特に保守陣営)にとっては強い反共主義者である「ダレスの親父さん」の意向は無視できないものがあった。 (ja)
rdfs:label
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
  • ジョン・フォスター・ダレス (ja)
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of