Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ウィルトン・ネルソン(John Wilton Nelson, 1941年12月6日 – )は、アメリカ合衆国の指揮者である。 コスタリカのサンホセにおいてアメリカ人の両親の許に生まれる。イリノイ州フィートン・カレッジに学んだ後、ジュリアード音楽院でジャン・モレルに師事。1976年から1987年までインディアナポリス交響楽団の音楽監督に就任し、この間にエレン・ターフィ・ツウィリッヒ作品集とチャールズ・マーティン・レフラー作品集の2つの商業録音をニューワールド・レーベルに残した。セントルイス歌劇場では、1985年から1988年まで音楽監督を、1988年から1991年まで首席指揮者を務めた。1983年から1990年まではニューヨーク州カトナーのカラマー国際音楽祭でも音楽監督に就任している。1998年9月にパリ室内管弦楽団の音楽監督に就任するが、2007年3月に、2007年から2008年の定期が終わると退任することを宣言した。ロマン派音楽やバロック音楽の優れた解釈でとりわけ名高く、とりわけベルリオーズの歌劇を得意としている。世界各地のほとんどすべての大都市に定期的に客演しており、たとえばニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団やフィラデルフィア管弦楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、ピッツバーグ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、ロンドン交響楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、パリ管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団と共演してきた。合唱曲にも興味を持ち、古典的な宗教曲の普及という目標を掲げて、合唱指揮者としての活動にも取り組んでいる。アニータ夫人とパリに住んでいる。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1818008 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2278 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 57 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46753949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1976 (xsd:integer)
  • 1985 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・ウィルトン・ネルソン(John Wilton Nelson, 1941年12月6日 – )は、アメリカ合衆国の指揮者である。 コスタリカのサンホセにおいてアメリカ人の両親の許に生まれる。イリノイ州フィートン・カレッジに学んだ後、ジュリアード音楽院でジャン・モレルに師事。1976年から1987年までインディアナポリス交響楽団の音楽監督に就任し、この間にエレン・ターフィ・ツウィリッヒ作品集とチャールズ・マーティン・レフラー作品集の2つの商業録音をニューワールド・レーベルに残した。セントルイス歌劇場では、1985年から1988年まで音楽監督を、1988年から1991年まで首席指揮者を務めた。1983年から1990年まではニューヨーク州カトナーのカラマー国際音楽祭でも音楽監督に就任している。1998年9月にパリ室内管弦楽団の音楽監督に就任するが、2007年3月に、2007年から2008年の定期が終わると退任することを宣言した。ロマン派音楽やバロック音楽の優れた解釈でとりわけ名高く、とりわけベルリオーズの歌劇を得意としている。世界各地のほとんどすべての大都市に定期的に客演しており、たとえばニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団やフィラデルフィア管弦楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、ピッツバーグ交響楽団、サンフランシスコ交響楽団、クリーヴランド管弦楽団、ロンドン交響楽団、ドレスデン・シュターツカペレ、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、シュトゥットガルト放送交響楽団、パリ管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、オスロ・フィルハーモニー管弦楽団、王立ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団と共演してきた。合唱曲にも興味を持ち、古典的な宗教曲の普及という目標を掲げて、合唱指揮者としての活動にも取り組んでいる。アニータ夫人とパリに住んでいる。
rdfs:label
  • ジョン・ネルソン (指揮者)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of