Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ナッシュ(John Nash, 1752年1月18日 - 1835年5月13日)は19世紀初頭に活躍したイギリスの建築家。都市計画家。ロンドンでは当時唯一人の宮廷都市計画家・サーベイヤーでもあり、同時代のピクテュアレスク運動においても活躍した。ランベスの水車大工の家に、ロンドンで生まれる。父はジョンが8歳のときに亡くなり、以後はウェールズ人の母に育てられる。1767年から1778年の間、ロバート・テイラーの下で見習いとして働く。やがて独立資金として叔父の遺産が入り、独立を果たす。一族でもとあった家5軒を再建したのが建築の処女作になる。1780年までは、ロンドンでは当時珍しかったスタッコ仕上げの住宅を建てていた。1783年にいったん破産し、離婚を経験、1795年まではウェールズで隠居生活をおくっているが、その間にもカーマーゼンの獄舎を設計している。後、再起を期して、ロマンティシズム運動によってロンドンに戻ったあとは、建売住宅作家として再出発している。風景式庭園の造園家ハンフリー・レプトンと組み、彼と当世風の郊外住宅の設計活動を展開した。こうして1795年ごろまでには、レプトンと組んで、ゴシックやイタリア風のカントリー・ハウスを設計していく。このころの代表作に、1802年、サロップ州のクロンクヒル邸宅などがある。1798年にはジョージ4世の愛人と召される人物と再婚し、1813年から1830年まで、王室サーベイヤーを務める。1811年に、王室所有地エステートの開発を依頼され、リージェンツ・パークとリージェント・ストリートを1825年までに手がけた。1813年から開始したロンドンのリージェント街、およびリージェンツ・パークの計画の計画当時は、当時すでに60歳であったが、将来の田園都市を予見する想像力に富んだ理念として昇華する一方、計画のすべてを遂行する情熱と能力を維持し続け、任期中にその計画を完成させた。パーク周辺にはヴィラが散在し、壮大なスタッコ仕上げのファサードを持った宮殿のような広大なテラスハウスや広場で取り囲まれる形式構成にデザインしたほか、コテージ風のテラス・ハウスや飾り破風の村も出現させた。そのリージュント街の沿道の内、現在では、ランガム・プレイスに建つオール・ソウルズ教会以外、人目を引くものは残っていない。同時代のジョン・ソーンとは正反対で、自信家で融通が効き、社会的に成功したが芸術的には保守的で、手先が器用で細部にはむしろ大様だったが、大きなスケールの建築が及ぼす全体的影響には本能的に精通し、またもソーンと異なり、彼は室内空間よりもむしろ外観の建築家であったとされる。そのきらぴやかなまでの様式の羅列と不規則な平面およびシルエットにより、これらの建物は建築におけるピクチェアレスクを要約し同じく、自由と儀礼のピクチェアレスクな結合というのが、残した偉大な作品の評価である
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1499217 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 56 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57212618 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョン・ナッシュ(John Nash, 1752年1月18日 - 1835年5月13日)は19世紀初頭に活躍したイギリスの建築家。都市計画家。ロンドンでは当時唯一人の宮廷都市計画家・サーベイヤーでもあり、同時代のピクテュアレスク運動においても活躍した。ランベスの水車大工の家に、ロンドンで生まれる。父はジョンが8歳のときに亡くなり、以後はウェールズ人の母に育てられる。1767年から1778年の間、ロバート・テイラーの下で見習いとして働く。やがて独立資金として叔父の遺産が入り、独立を果たす。一族でもとあった家5軒を再建したのが建築の処女作になる。1780年までは、ロンドンでは当時珍しかったスタッコ仕上げの住宅を建てていた。1783年にいったん破産し、離婚を経験、1795年まではウェールズで隠居生活をおくっているが、その間にもカーマーゼンの獄舎を設計している。後、再起を期して、ロマンティシズム運動によってロンドンに戻ったあとは、建売住宅作家として再出発している。風景式庭園の造園家ハンフリー・レプトンと組み、彼と当世風の郊外住宅の設計活動を展開した。こうして1795年ごろまでには、レプトンと組んで、ゴシックやイタリア風のカントリー・ハウスを設計していく。このころの代表作に、1802年、サロップ州のクロンクヒル邸宅などがある。1798年にはジョージ4世の愛人と召される人物と再婚し、1813年から1830年まで、王室サーベイヤーを務める。1811年に、王室所有地エステートの開発を依頼され、リージェンツ・パークとリージェント・ストリートを1825年までに手がけた。1813年から開始したロンドンのリージェント街、およびリージェンツ・パークの計画の計画当時は、当時すでに60歳であったが、将来の田園都市を予見する想像力に富んだ理念として昇華する一方、計画のすべてを遂行する情熱と能力を維持し続け、任期中にその計画を完成させた。パーク周辺にはヴィラが散在し、壮大なスタッコ仕上げのファサードを持った宮殿のような広大なテラスハウスや広場で取り囲まれる形式構成にデザインしたほか、コテージ風のテラス・ハウスや飾り破風の村も出現させた。そのリージュント街の沿道の内、現在では、ランガム・プレイスに建つオール・ソウルズ教会以外、人目を引くものは残っていない。同時代のジョン・ソーンとは正反対で、自信家で融通が効き、社会的に成功したが芸術的には保守的で、手先が器用で細部にはむしろ大様だったが、大きなスケールの建築が及ぼす全体的影響には本能的に精通し、またもソーンと異なり、彼は室内空間よりもむしろ外観の建築家であったとされる。そのきらぴやかなまでの様式の羅列と不規則な平面およびシルエットにより、これらの建物は建築におけるピクチェアレスクを要約し同じく、自由と儀礼のピクチェアレスクな結合というのが、残した偉大な作品の評価である
rdfs:label
  • ジョン・ナッシュ (建築家)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of