Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ドレイヤー(John Louis Emil Dreyer、デンマーク名 Johan Ludvig Emil Dreyer、1852年2月13日 – 1926年9月14日)はデンマーク生まれでアイルランドで活動した天文学者である。ウィリアム・ハーシェルらが作った連星、星雲、星団のカタログを追補してニュージェネラルカタログを作成した。コペンハーゲンで生まれた。1874年、22歳の時にアイルランドに渡り、ローレンス・パーソンズ(ロス卿:ウィリアム・パーソンズの息子)の天文台助手となった。1878年からダブリン近郊のダンシンク天文台で働き、1882年から1916年までアーマー天文台の所長を務めた。1886年にアーマー星表を発表し、1888年にニュージェネラルカタログ(New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars)を発表した。7840個の連星、星雲、星団を収録し、カタログ番号(NGC番号)は現在も使われている。さらに1895年と1908年にはこの拡張版であるインデックスカタログを発行した。天文学史家でもあり1890年ティコ・ブラーエの伝記などを出版した。1916年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1923年から1926年まで王立天文学会の会長を務めた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 487527 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2613 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57914630 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョン・ドレイヤー(John Louis Emil Dreyer、デンマーク名 Johan Ludvig Emil Dreyer、1852年2月13日 – 1926年9月14日)はデンマーク生まれでアイルランドで活動した天文学者である。ウィリアム・ハーシェルらが作った連星、星雲、星団のカタログを追補してニュージェネラルカタログを作成した。コペンハーゲンで生まれた。1874年、22歳の時にアイルランドに渡り、ローレンス・パーソンズ(ロス卿:ウィリアム・パーソンズの息子)の天文台助手となった。1878年からダブリン近郊のダンシンク天文台で働き、1882年から1916年までアーマー天文台の所長を務めた。1886年にアーマー星表を発表し、1888年にニュージェネラルカタログ(New General Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars)を発表した。7840個の連星、星雲、星団を収録し、カタログ番号(NGC番号)は現在も使われている。さらに1895年と1908年にはこの拡張版であるインデックスカタログを発行した。天文学史家でもあり1890年ティコ・ブラーエの伝記などを出版した。1916年に王立天文学会ゴールドメダルを受賞し、1923年から1926年まで王立天文学会の会長を務めた。
rdfs:label
  • ジョン・ドレイヤー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of