Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ドゥ・ラ・ポール(第2代サフォーク公・第2代サフォーク侯・第5代サフォーク伯・ガーター騎士団員、John de la Pole, 1442年9月27日 - 1491年10月29日から1492年10月27日の間)は「トリミング公」として知られるイングランドの貴族である。ジョンはサフォーク公ウィリアム・ドゥ・ラ・ポールとアリス・チョーサー(庶民院議長トーマス・チョーサーの娘)の子として生まれた。ジョンは1450年2月7日にマーガレット・ボーフォートと結婚した(ローマ教皇の署名は1450年8月18日)。しかしこの結婚は1453年2月に国王ヘンリー6世の権限で無効にされた。1458年2月以前のある時期に、ジョンはエリザベス・オブ・ヨーク (en) と再婚した。エリザベス・オブ・ヨークはヨーク派の首領ヨーク公リチャードとセシリー・ネヴィルの娘である。当然、エリザベスの兄弟であるエドワード4世、ラットランド伯エドムンド、マーガレット・オブ・ヨーク、クラレンス公ジョージ、リチャード3世とも義兄弟という事になる。この結婚によってジョンとヨーク派の距離は一気に近づいた。1463年3月23日、ジョンは特諭をもってサフォーク公に列せられた。また、母方の祖父から引き継がれてきたウォリングフォード城(Wallingford Castle)の城主にもなる。1472年、ガーター勲章を叙勲し、オックスフォード大学の総長補佐に就任する。また、後にアイルランド総督にも就任する。ジョン・ドゥ・ラ・ポールはサフォーク州のウィンフィールドに埋葬された。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 638579 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 41 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58766940 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1450 (xsd:integer)
  • 1463 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・ドゥ・ラ・ポール(第2代サフォーク公・第2代サフォーク侯・第5代サフォーク伯・ガーター騎士団員、John de la Pole, 1442年9月27日 - 1491年10月29日から1492年10月27日の間)は「トリミング公」として知られるイングランドの貴族である。ジョンはサフォーク公ウィリアム・ドゥ・ラ・ポールとアリス・チョーサー(庶民院議長トーマス・チョーサーの娘)の子として生まれた。ジョンは1450年2月7日にマーガレット・ボーフォートと結婚した(ローマ教皇の署名は1450年8月18日)。しかしこの結婚は1453年2月に国王ヘンリー6世の権限で無効にされた。1458年2月以前のある時期に、ジョンはエリザベス・オブ・ヨーク (en) と再婚した。エリザベス・オブ・ヨークはヨーク派の首領ヨーク公リチャードとセシリー・ネヴィルの娘である。当然、エリザベスの兄弟であるエドワード4世、ラットランド伯エドムンド、マーガレット・オブ・ヨーク、クラレンス公ジョージ、リチャード3世とも義兄弟という事になる。この結婚によってジョンとヨーク派の距離は一気に近づいた。1463年3月23日、ジョンは特諭をもってサフォーク公に列せられた。また、母方の祖父から引き継がれてきたウォリングフォード城(Wallingford Castle)の城主にもなる。1472年、ガーター勲章を叙勲し、オックスフォード大学の総長補佐に就任する。また、後にアイルランド総督にも就任する。ジョン・ドゥ・ラ・ポールはサフォーク州のウィンフィールドに埋葬された。
rdfs:label
  • ジョン・ドゥ・ラ・ポール (サフォーク公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is foaf:primaryTopic of