Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・コリリアーノ(John Corigliano, 1938年2月16日 - )は、アメリカ合衆国の現代音楽の作曲家。ニューヨーク市出身。現在、ニューヨーク市立大学リーマン校の音楽科教授を務める。オットー・ルーニング、ヴィットリオ・ジャンニーニ、ポール・クレストンに師事し、門下にエリック・ウィテカー、エリオット・ゴールデンサル、ジョン・マッキー、アヴネル・ドルマン、メーソン・ベイツ、ジェファーソン・フリードマンなど多数の作曲家がいる。コリリアーノの作品はほとんどがオーケストラ作品である。3曲の交響曲(それぞれオーケストラ、弦楽合奏、吹奏楽のための作品)、協奏曲(クラリネット、フルート、ヴァイオリン、オーボエ、ピアノのための作品)、映画音楽、弦楽四重奏曲などの室内楽曲、歌劇「ヴェルサイユの亡霊」などである。1991年、交響曲第1番でグロマイヤー賞を受賞、2001年、交響曲第2番(弦楽合奏のための)でピューリッツァー賞を受賞した。また、映画音楽として、「アルタード・ステーツ」(1980年、アカデミー賞候補)、「レボリューション・めぐり逢い」(1985年、アンソニー・アスキス賞受賞)、「レッド・バイオリン」(1999年、アカデミー賞受賞)の3作品がある。「レボリューション・めぐり逢い」は、交響曲第1番からの引用であり、印象的な作品であるが、作品としてのリリースはない。2003年、「レッド・バイオリン」を引用した最初のヴァイオリン協奏曲を発表した。父はニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートマスターを23年間務めたヴァイオリニストであり、母はピアニストである。コロンビア大学、マンハッタン音楽学校で作曲を専攻し、作曲家として成功する前は、レナード・バーンスタインの「ヤング・ピープルズ・コンサート」の助監督、アンドレ・ワッツなどの演奏会のプロデューサーなどを務めた。1970年、デイヴィッド・ヘスと共同でロック・オペラ「ネイキッド・カルメン」を制作した。ヘスによれば、「ネイキッド・カルメン」は、もともとコリリアーノがビゼーの「カルメン」の現代版オペラとして発案したものだという。マーキュリー・レコードは、ジョー・ボット、スコット・マンプ、ボブ・リノが話し合い、クラシック音楽とポピュラー音楽の融合を希望し、その方向で企画が実現されることになった。ヘスの言葉によれば、「ネイキッド・カルメン」は「融合」の企画だった。同様の試みとしては、ボブ・ディランの詩に自ら曲を付けた歌曲集「ミスター・タンブリン・マン:ボブ・ディランの7つの詩」がある。この曲は2009年度のグラミー賞 クラシック現代作品部門を受賞した。1996年、コリリアーノの名前にちなんで、コリリアーノ四重奏団が結成された。コリリアーノはゲイをカミングアウトしており、パートナーは作曲家マーク・アダモである。2004年、吹奏楽のための交響曲第3番が発表された。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 743244 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 82 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56105616 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョン・コリリアーノ(John Corigliano, 1938年2月16日 - )は、アメリカ合衆国の現代音楽の作曲家。ニューヨーク市出身。現在、ニューヨーク市立大学リーマン校の音楽科教授を務める。オットー・ルーニング、ヴィットリオ・ジャンニーニ、ポール・クレストンに師事し、門下にエリック・ウィテカー、エリオット・ゴールデンサル、ジョン・マッキー、アヴネル・ドルマン、メーソン・ベイツ、ジェファーソン・フリードマンなど多数の作曲家がいる。コリリアーノの作品はほとんどがオーケストラ作品である。3曲の交響曲(それぞれオーケストラ、弦楽合奏、吹奏楽のための作品)、協奏曲(クラリネット、フルート、ヴァイオリン、オーボエ、ピアノのための作品)、映画音楽、弦楽四重奏曲などの室内楽曲、歌劇「ヴェルサイユの亡霊」などである。1991年、交響曲第1番でグロマイヤー賞を受賞、2001年、交響曲第2番(弦楽合奏のための)でピューリッツァー賞を受賞した。また、映画音楽として、「アルタード・ステーツ」(1980年、アカデミー賞候補)、「レボリューション・めぐり逢い」(1985年、アンソニー・アスキス賞受賞)、「レッド・バイオリン」(1999年、アカデミー賞受賞)の3作品がある。「レボリューション・めぐり逢い」は、交響曲第1番からの引用であり、印象的な作品であるが、作品としてのリリースはない。2003年、「レッド・バイオリン」を引用した最初のヴァイオリン協奏曲を発表した。父はニューヨーク・フィルハーモニックのコンサートマスターを23年間務めたヴァイオリニストであり、母はピアニストである。コロンビア大学、マンハッタン音楽学校で作曲を専攻し、作曲家として成功する前は、レナード・バーンスタインの「ヤング・ピープルズ・コンサート」の助監督、アンドレ・ワッツなどの演奏会のプロデューサーなどを務めた。1970年、デイヴィッド・ヘスと共同でロック・オペラ「ネイキッド・カルメン」を制作した。ヘスによれば、「ネイキッド・カルメン」は、もともとコリリアーノがビゼーの「カルメン」の現代版オペラとして発案したものだという。マーキュリー・レコードは、ジョー・ボット、スコット・マンプ、ボブ・リノが話し合い、クラシック音楽とポピュラー音楽の融合を希望し、その方向で企画が実現されることになった。ヘスの言葉によれば、「ネイキッド・カルメン」は「融合」の企画だった。同様の試みとしては、ボブ・ディランの詩に自ら曲を付けた歌曲集「ミスター・タンブリン・マン:ボブ・ディランの7つの詩」がある。この曲は2009年度のグラミー賞 クラシック現代作品部門を受賞した。1996年、コリリアーノの名前にちなんで、コリリアーノ四重奏団が結成された。コリリアーノはゲイをカミングアウトしており、パートナーは作曲家マーク・アダモである。2004年、吹奏楽のための交響曲第3番が発表された。
rdfs:label
  • ジョン・コリリアーノ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:musicComposer of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:音楽 of
is foaf:primaryTopic of