Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・ウェットン(John Kenneth Wetton, 1949年6月12日 - )は、イギリス出身のミュージシャン(歌手、ベーシスト)。プログレッシブ・ロックの世界のみならず、様々なジャンルにて活躍してきた。モーガル・スラッシュ、ファミリー、キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、ユーライア・ヒープ、ブライアン・フェリー・バンド、U.K.、ウィッシュボーン・アッシュ、エイジア、ウェットン・マンザネラなどの幅広いジャンルのバンドに在籍し、強烈に歪んだ存在感の強いベースとイギリス的な憂いあふれるダンディな歌声、甘いマスクと男くさい渋さを併せ持つルックスで全盛期はカリスマ的な人気を築いた。実はマルチプレイヤーでもあり、ギターやキーボードだけでなくフィドルまで演奏したことがある。特にプログレッシブ・ロックでの活躍は有名であり、とりわけキング・クリムゾンとU.K.における活躍が有名である。キング・クリムゾン時代は『太陽と戦慄』(1973年)や『レッド』(1974年)などの作品を残した。また、ユーライア・ヒープに在籍したときも、『幻想への回帰 (原題 : RETURN TO FANTASY)』、『ハイ・アンド・マイティ (原題 : HIGH AND MIGHTY)』の2枚のスタジオアルバムにおいて、ベースだけでなくボーカルも担当し、才能を遺憾なく発揮した。1980年代前半、プログレッシブ・ロック界の著名なプレイヤーで結成されたスーパーグループ、エイジアでは全キャリア中最も成功を収める。デビュー・アルバム『詠時感〜時へのロマン』(1982年)は全米1位を記録した。エイジアでは一時解雇されるが復帰。1991年に脱退するまでは中心人物として活動した。脱退後は主にソロ・アーティストとして活動する一方、プログレッシブ・ロック系のアーティストのトリビュートアルバムに参加したり、スティーヴ・ハケットを中心とした大物ぞろいのバンドでツアーをしたりした(この縁でイアン・マクドナルドともツアーをした)。2006年に再結成されたエイジア(結成当初のオリジナルメンバーで構成)に参加。精力的にツアーを行っていたが、2007年夏に行われた定期検診で心臓の冠動脈に異常が見つかり、同年8月10日にバイパス手術を受けた。回復は順調で、2008年からツアーは再開された。また、オリジナルメンバーでのアルバム制作(PHOENIX)も実施され、2008年4月発売。エイジアでの作曲面のパートナーであるジェフ・ダウンズとはICONというユニットを別に組んでいる。2011年にはU.K.を再結成してライヴ活動をしている。U.K.、エイジアなどでの来日公演時には、ボーカル担当としてMCをする機会も多く、英語での挨拶、演奏曲やメンバー紹介もすることも多い。U.K.のライヴ・アルバムに収録されている「君たち最高だよ!」の日本語が本人も気に入っているので、その後、日本で彼が公演する時には必ず「君たち最高だよ!」と言うことにしている。また日本のバンドとも関わりがあり、VOW WOWやRXといったバンドともセッション経験がある。
dbpedia-owl:associatedBand
dbpedia-owl:associatedMusicalArtist
dbpedia-owl:background
  • instrumentalist
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 456135 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4294 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 59 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57269706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:associatedActs
prop-ja:background
  • instrumentalist
prop-ja:birthName
  • John Kenneth Wetton
prop-ja:born
  • 1949-06-12 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • John Wetton 7025.jpg
prop-ja:imgCapt
  • --09-10
prop-ja:instrument
prop-ja:name
  • John Wetton
  • ジョン・ウェットン
prop-ja:notableInstruments
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
  • ダービー州ウィリントン
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・ウェットン(John Kenneth Wetton, 1949年6月12日 - )は、イギリス出身のミュージシャン(歌手、ベーシスト)。プログレッシブ・ロックの世界のみならず、様々なジャンルにて活躍してきた。モーガル・スラッシュ、ファミリー、キング・クリムゾン、ロキシー・ミュージック、ユーライア・ヒープ、ブライアン・フェリー・バンド、U.K.、ウィッシュボーン・アッシュ、エイジア、ウェットン・マンザネラなどの幅広いジャンルのバンドに在籍し、強烈に歪んだ存在感の強いベースとイギリス的な憂いあふれるダンディな歌声、甘いマスクと男くさい渋さを併せ持つルックスで全盛期はカリスマ的な人気を築いた。実はマルチプレイヤーでもあり、ギターやキーボードだけでなくフィドルまで演奏したことがある。特にプログレッシブ・ロックでの活躍は有名であり、とりわけキング・クリムゾンとU.K.における活躍が有名である。キング・クリムゾン時代は『太陽と戦慄』(1973年)や『レッド』(1974年)などの作品を残した。また、ユーライア・ヒープに在籍したときも、『幻想への回帰 (原題 : RETURN TO FANTASY)』、『ハイ・アンド・マイティ (原題 : HIGH AND MIGHTY)』の2枚のスタジオアルバムにおいて、ベースだけでなくボーカルも担当し、才能を遺憾なく発揮した。1980年代前半、プログレッシブ・ロック界の著名なプレイヤーで結成されたスーパーグループ、エイジアでは全キャリア中最も成功を収める。デビュー・アルバム『詠時感〜時へのロマン』(1982年)は全米1位を記録した。エイジアでは一時解雇されるが復帰。1991年に脱退するまでは中心人物として活動した。脱退後は主にソロ・アーティストとして活動する一方、プログレッシブ・ロック系のアーティストのトリビュートアルバムに参加したり、スティーヴ・ハケットを中心とした大物ぞろいのバンドでツアーをしたりした(この縁でイアン・マクドナルドともツアーをした)。2006年に再結成されたエイジア(結成当初のオリジナルメンバーで構成)に参加。精力的にツアーを行っていたが、2007年夏に行われた定期検診で心臓の冠動脈に異常が見つかり、同年8月10日にバイパス手術を受けた。回復は順調で、2008年からツアーは再開された。また、オリジナルメンバーでのアルバム制作(PHOENIX)も実施され、2008年4月発売。エイジアでの作曲面のパートナーであるジェフ・ダウンズとはICONというユニットを別に組んでいる。2011年にはU.K.を再結成してライヴ活動をしている。U.K.、エイジアなどでの来日公演時には、ボーカル担当としてMCをする機会も多く、英語での挨拶、演奏曲やメンバー紹介もすることも多い。U.K.のライヴ・アルバムに収録されている「君たち最高だよ!」の日本語が本人も気に入っているので、その後、日本で彼が公演する時には必ず「君たち最高だよ!」と言うことにしている。また日本のバンドとも関わりがあり、VOW WOWやRXといったバンドともセッション経験がある。
rdfs:label
  • ジョン・ウェットン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • John Kenneth Wetton
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • John Wetton
  • ジョン・ウェットン
is dbpedia-owl:associatedBand of
is dbpedia-owl:associatedMusicalArtist of
is dbpedia-owl:bandMember of
is dbpedia-owl:formerBandMember of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:associatedActs of
is prop-ja:currentMembers of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:pastMembers of
is prop-ja:writer of
is foaf:primaryTopic of