Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョン・アデア(英: John Adair、1757年1月9日 - 1840年5月19日)は、ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員、上院議員および第8代ケンタッキー州知事を務めたアメリカ合衆国の政治家、軍人、開拓者である。現在のサウスカロライナ州で生まれ、アメリカ独立戦争ではサウスカロライナの民兵隊に仕え、その間イギリス軍に2度捕まって戦争捕虜となった。戦後、アメリカ合衆国憲法を批准するためのサウスカロライナ会議代議員に選ばれた。1786年にケンタッキーに移転した後、北西インディアン戦争に従軍し、1792年にはセントクレア砦近くでマイアミ族インディアン酋長リトル・タートルと小競り合いを演じた。この2つの戦争で人気を得て、1792年にはケンタッキーの憲法制定会議代議員に選ばれて政界に入った。1793年から1803年の間にケンタッキー州議会下院では通算8期を務めた。1802年と1803年には下院議長を務め、1799年には第二次州憲法制定会議代議員となった。1805年、アメリカ合衆国上院議員のジョン・ブレッキンリッジがアメリカ合衆国司法長官に就任するために辞任したことに伴い、ブレアがその空席を埋めた。しかし、アーロン・バーの陰謀に連座したために、次の選挙では再選されなかった。その後に続いた長い法廷闘争により、ブレアは全ての罪状について無罪とされ、その告発者ジェイムズ・ウィルキンソン将軍は謝罪文書を発行するよう命令されたが、否定的な評判のために10年間以上も政界から締め出されていた。米英戦争に参戦し、ニューオーリンズの戦いでケンタッキー州の兵士が臆病だったというアンドリュー・ジャクソンによる告発に対し、長期化した弁護を行って評判を回復した。1817年に州議会下院議員に復帰した。独立戦争でアデアの上官だったアイザック・シェルビーが2度目のケンタッキー州知事を務めており、アデアを州民兵隊の長官に指名した。1820年、1819年恐慌で苦況に陥ったケンタッキー州人を財政的に救済することを綱領として州知事に当選した。この目的のために行った主要な行動は州立銀行の創設だったが、その他の財政的改革の多くはケンタッキー州控訴裁判所によって違憲と判断され、旧裁判所と新裁判所の論争に発展した。知事の任期が明けた後は、アメリカ合衆国下院議員を1期のみ務めたが、再選は求めなかった。アデアは1840年5月19日に、ハロズバーグの自分の農園で死んだ。ケンタッキー州、ミズーリ州およびアイオワ州にアデアに因むアデア郡があり、またケンタッキー州アデアビル市とアイオワ州アデア市も同様である。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2910939 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58208779 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:alongside
prop-ja:alt
  • A man with salt-and-pepper hair wearing a black jacket, gold shirt, and white tie
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • サウスカロライナ州チェスター郡
prop-ja:branch
  • ケンタッキー民兵隊
  • サウスカロライナ民兵隊
prop-ja:caption
  • ジョン・アデア
prop-ja:class
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfBirth
  • January 9, 1757
prop-ja:dateOfDeath
  • May 19, 1840
prop-ja:deathDate
  • 1840-05-19 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州マーサー郡
prop-ja:district
  • 第7選挙区
prop-ja:jr/sr
  • アメリカ合衆国上院議員
prop-ja:lieutenant
prop-ja:name
  • John Adair
  • ジョン・アデア
  • Adair, John
prop-ja:office
  • ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • 第8代
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:preceded
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 軍人
prop-ja:rank
prop-ja:relations
  • トマス・ベル・モンローの義父
prop-ja:religion
  • プロテスタント
prop-ja:residence
  • ホワイトホール
prop-ja:shortDescription
  • Governor of Kentucky; statesmen; soldier
prop-ja:signature
  • John Adair Signature.svg
prop-ja:spouse
  • キャサリン・パーマー
prop-ja:state
  • ケンタッキー州
prop-ja:succeeded
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --03-03
  • --08-24
  • --11-18
prop-ja:termStart
  • --03-04
  • --08-29
  • --11-08
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1805 (xsd:integer)
  • 1820 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョン・アデア(英: John Adair、1757年1月9日 - 1840年5月19日)は、ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員、上院議員および第8代ケンタッキー州知事を務めたアメリカ合衆国の政治家、軍人、開拓者である。現在のサウスカロライナ州で生まれ、アメリカ独立戦争ではサウスカロライナの民兵隊に仕え、その間イギリス軍に2度捕まって戦争捕虜となった。戦後、アメリカ合衆国憲法を批准するためのサウスカロライナ会議代議員に選ばれた。1786年にケンタッキーに移転した後、北西インディアン戦争に従軍し、1792年にはセントクレア砦近くでマイアミ族インディアン酋長リトル・タートルと小競り合いを演じた。この2つの戦争で人気を得て、1792年にはケンタッキーの憲法制定会議代議員に選ばれて政界に入った。1793年から1803年の間にケンタッキー州議会下院では通算8期を務めた。1802年と1803年には下院議長を務め、1799年には第二次州憲法制定会議代議員となった。1805年、アメリカ合衆国上院議員のジョン・ブレッキンリッジがアメリカ合衆国司法長官に就任するために辞任したことに伴い、ブレアがその空席を埋めた。しかし、アーロン・バーの陰謀に連座したために、次の選挙では再選されなかった。その後に続いた長い法廷闘争により、ブレアは全ての罪状について無罪とされ、その告発者ジェイムズ・ウィルキンソン将軍は謝罪文書を発行するよう命令されたが、否定的な評判のために10年間以上も政界から締め出されていた。米英戦争に参戦し、ニューオーリンズの戦いでケンタッキー州の兵士が臆病だったというアンドリュー・ジャクソンによる告発に対し、長期化した弁護を行って評判を回復した。1817年に州議会下院議員に復帰した。独立戦争でアデアの上官だったアイザック・シェルビーが2度目のケンタッキー州知事を務めており、アデアを州民兵隊の長官に指名した。1820年、1819年恐慌で苦況に陥ったケンタッキー州人を財政的に救済することを綱領として州知事に当選した。この目的のために行った主要な行動は州立銀行の創設だったが、その他の財政的改革の多くはケンタッキー州控訴裁判所によって違憲と判断され、旧裁判所と新裁判所の論争に発展した。知事の任期が明けた後は、アメリカ合衆国下院議員を1期のみ務めたが、再選は求めなかった。アデアは1840年5月19日に、ハロズバーグの自分の農園で死んだ。ケンタッキー州、ミズーリ州およびアイオワ州にアデアに因むアデア郡があり、またケンタッキー州アデアビル市とアイオワ州アデア市も同様である。
rdfs:label
  • ジョン・アデア (ケンタッキー州知事)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of