Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(仏: Joseph-Louis Lagrange, 1736年1月25日 - 1813年4月10日)は、数学者、天文学者である。オイラーと並んで18世紀最大の数学者といわれている。イタリア(当時サルデーニャ王国)のトリノで生まれ、後にプロイセン、フランスで活動した。彼の初期の業績は、微分積分学の物理学、特に力学への応用である。その後さらに力学を一般化して、最小作用の原理に基づく、解析力学(ラグランジュ力学)をつくり出した。ラグランジュの『解析力学』はラプラスの『天体力学』と共に18世紀末の古典的著作となった。
dbpedia-owl:academicAdvisor
dbpedia-owl:affiliation
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthName
  • Giuseppe Luigi Lagrancia
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1813-04-10 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:doctoralStudent
dbpedia-owl:field
dbpedia-owl:knownFor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2995 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 69 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59222982 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:academicAdvisors
prop-ja:awards
prop-ja:birthDate
  • --01-25
prop-ja:birthName
  • Giuseppe Luigi Lagrancia
prop-ja:birthPlace
  • トリノ
prop-ja:deathDate
  • 1813-04-10 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • パリ
prop-ja:doctoralStudents
prop-ja:field
prop-ja:knownFor
prop-ja:name
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ(仏: Joseph-Louis Lagrange, 1736年1月25日 - 1813年4月10日)は、数学者、天文学者である。オイラーと並んで18世紀最大の数学者といわれている。イタリア(当時サルデーニャ王国)のトリノで生まれ、後にプロイセン、フランスで活動した。彼の初期の業績は、微分積分学の物理学、特に力学への応用である。その後さらに力学を一般化して、最小作用の原理に基づく、解析力学(ラグランジュ力学)をつくり出した。ラグランジュの『解析力学』はラプラスの『天体力学』と共に18世紀末の古典的著作となった。
rdfs:label
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ
is dbpedia-owl:academicAdvisor of
is dbpedia-owl:doctoralAdvisor of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:notableStudent of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:academicAdvisors of
is prop-ja:doctoralAdvisor of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:notableStudents of
is foaf:primaryTopic of