Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョゼフ・フーシェ(仏: Joseph Fouché, 発音例, 1759年5月21日 - 1820年12月25日)は、フランス革命、第一帝政、フランス復古王政の政治家である。ナポレオン体制では警察大臣を務めてタレーランと共に主要人物。特に百日天下崩壊後は臨時政府の首班を務めてナポレオン戦争の戦後交渉を行った。近代警察の原型となった警察機構の組織者で、特に秘密警察を駆使して政権中枢を渡り歩いた謀略家として有名で、権力者に取り入りながら常に一定の距離を保って激動の時代を生き抜いた人物であったとされ、「カメレオン(冷血動物)」の異名を持つ。後世からは「過去において最も罪深く、将来においても最も危険な人物」と評された。オーストリアのユダヤ人作家シュテファン・ツヴァイクによる評伝が有名。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1925-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:imageSize
  • 225 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 35511 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 128 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57155690 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --04-05
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1820年没
prop-ja:出生地
prop-ja:前職
prop-ja:各国語表記
  • Joseph Fouché
prop-ja:死没地
prop-ja:没年月日
  • --12-25
prop-ja:生年月日
  • --05-21
prop-ja:画像
  • Fouché Joseph Duke of Otranto.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 225 (xsd:integer)
prop-ja:称号・勲章
  • オトラント公爵(1808年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョゼフ・フーシェ(仏: Joseph Fouché, 発音例, 1759年5月21日 - 1820年12月25日)は、フランス革命、第一帝政、フランス復古王政の政治家である。ナポレオン体制では警察大臣を務めてタレーランと共に主要人物。特に百日天下崩壊後は臨時政府の首班を務めてナポレオン戦争の戦後交渉を行った。近代警察の原型となった警察機構の組織者で、特に秘密警察を駆使して政権中枢を渡り歩いた謀略家として有名で、権力者に取り入りながら常に一定の距離を保って激動の時代を生き抜いた人物であったとされ、「カメレオン(冷血動物)」の異名を持つ。後世からは「過去において最も罪深く、将来においても最も危険な人物」と評された。オーストリアのユダヤ人作家シュテファン・ツヴァイクによる評伝が有名。
rdfs:label
  • ジョゼフ・フーシェ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:首相等氏名 of
is foaf:primaryTopic of