Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョセフ・デシェイ(英: Joseph Desha、1768年12月9日 - 1842年10月11日)は、ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員および第9代ケンタッキー州知事を務めたアメリカ合衆国の政治家である。ナント勅令廃止後に、ユグノーだったデシェイの祖先はフランスからアメリカ合衆国ペンシルベニア州に逃亡し、そこでデシェイが生まれた。デシェイの家族は現在のテネシー州ギャラティン近くに入植し、そこではインディアンとの多くの抗争に巻き込まれることになった。これらの抗争でデシェイの兄弟2人が殺されたことが、北西インディアン戦争のときに"マッド"アンソニー・ウェインのインディアンに対する作戦に志願する動機となった。この時までにケンタッキー州メイソン郡に移転していたデシェイは、軍隊で活動した記録を生かして、ケンタッキー州議会で数期議員を務めることになった。1807年、6期務めたアメリカ合衆国議会下院議員の最初の任期に選出された。民主共和党の中ではタカ派と認められ、米英戦争を支持した。1813年、軍隊任務を志願し、テムズの戦いでは1個師団を指揮した。戦後議会に戻ると、不人気だった年金法に反対したことで、ケンタッキー州選出の唯一の議員となった。次の選挙で他の現職議員がほとんど全て落選したのに対し、この法に反対したデシェイが再選されることになった。1818年には再選を求めず、1820年に州知事選挙に出馬したが、ジョン・アデアのために敗れた。1824年までに、1819年恐慌がケンタッキー州の経済を破滅させており、デシェイは再度州知事選に出馬して、州内の大型債務者階級の救済をほとんど唯一の公約にして選挙運動を行った。結果は大差で当選し、債務者救済の支持者が両院を支配した。ケンタッキー州控訴裁判所が、デシェイと州議会の大半が推進した債務者救済法を覆した後で、議会は裁判所を廃し、代わりの裁判所を創って、デシェイが支持者を判事に指名した。旧裁判所はこの異動の合法性認定を拒否し、旧裁判所対新裁判所論争と呼ばれた期間に、州内に最終審が2つ存在することになった。デシェイは州知事に当選したときに人気があったが、その任期中に起きた2つの論争で評判に傷が付いた。1つはトランシルベニア大学学長からホレス・ホリーを更迭したときのデシェイの役割についてだった。この大学の評議員会の宗教的保守派が、ホリーはリベラルに過ぎると反対したのに対し、デシェイのホリーに対する反対は、デシェイの政敵ヘンリー・クレイとホリーが友人だったことに基づいていた。1825年末の議会に対する演説でデシェイがホリーを厳しく批判した後、ホリーは辞任した。デシェイの息子アイザックが殺人罪に問われたときに、デシェイの評判に対する新たな打撃となった。デシェイの知事としての影響力もあって、2回の有罪判決が覆された。3回目の裁判を待っている間にアイザックが自殺未遂を犯した後、デシェイは彼に恩赦を出した。これら論争に加えて、経済が好転し、デシェイの政敵側が1825年と1826年の州議会選挙で躍進することになった。議会はいわゆる「デシェイ裁判所」を廃止し、デシェイの拒否権も覆して、裁判所論争を終わらせた。デシェイは最後の抵抗で、州知事公邸の明け渡しを拒否すると脅したが、最後は黙諾し、後継者である国民共和党のトマス・メトカーフに知事職を渡した。その任期が切れるとき、公的生活からも引退し、1842年10月11日にケンタッキー州ジョージタウンの息子の家で死んだ。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2894180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 133 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57569254 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:allegiance
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthPlace
  • ペンシルベニア州モンロー郡
prop-ja:branch
  • ケンタッキー州民兵隊
prop-ja:caption
  • ジョセフ・デシェイの肖像画、キャサリン・ヘルム画
prop-ja:children
  • 13 (xsd:integer)
prop-ja:dateOfBirth
  • December 9, 1768
prop-ja:dateOfDeath
  • October 11, 1842
prop-ja:deathDate
  • 1842-10-11 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ケンタッキー州ジョージタウン
prop-ja:name
  • Desha, Joseph
  • Joseph Desha
  • ジョセフ・デシェイ
prop-ja:office
  • 第9代ケンタッキー州知事
prop-ja:order
  • ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員(第4区)
  • 第9代ケンタッキー州知事
  • ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員(第6区)
prop-ja:party
prop-ja:placeOfBirth
prop-ja:placeOfDeath
prop-ja:predecessor
prop-ja:profession
  • 軍人、農業経営、政治家
prop-ja:rank
prop-ja:relatives
  • Brother of ロバート・デシェイ
prop-ja:serviceyears
  • 1793 (xsd:integer)
  • 1813 (xsd:integer)
prop-ja:shortDescription
  • American politician
prop-ja:spouse
  • マーガレット・ブレッドソー
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • 1828 (xsd:integer)
  • --03-03
prop-ja:termStart
  • 1824 (xsd:integer)
  • --03-04
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1824 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョセフ・デシェイ(英: Joseph Desha、1768年12月9日 - 1842年10月11日)は、ケンタッキー州選出アメリカ合衆国下院議員および第9代ケンタッキー州知事を務めたアメリカ合衆国の政治家である。ナント勅令廃止後に、ユグノーだったデシェイの祖先はフランスからアメリカ合衆国ペンシルベニア州に逃亡し、そこでデシェイが生まれた。デシェイの家族は現在のテネシー州ギャラティン近くに入植し、そこではインディアンとの多くの抗争に巻き込まれることになった。これらの抗争でデシェイの兄弟2人が殺されたことが、北西インディアン戦争のときに"マッド"アンソニー・ウェインのインディアンに対する作戦に志願する動機となった。この時までにケンタッキー州メイソン郡に移転していたデシェイは、軍隊で活動した記録を生かして、ケンタッキー州議会で数期議員を務めることになった。1807年、6期務めたアメリカ合衆国議会下院議員の最初の任期に選出された。民主共和党の中ではタカ派と認められ、米英戦争を支持した。1813年、軍隊任務を志願し、テムズの戦いでは1個師団を指揮した。戦後議会に戻ると、不人気だった年金法に反対したことで、ケンタッキー州選出の唯一の議員となった。次の選挙で他の現職議員がほとんど全て落選したのに対し、この法に反対したデシェイが再選されることになった。1818年には再選を求めず、1820年に州知事選挙に出馬したが、ジョン・アデアのために敗れた。1824年までに、1819年恐慌がケンタッキー州の経済を破滅させており、デシェイは再度州知事選に出馬して、州内の大型債務者階級の救済をほとんど唯一の公約にして選挙運動を行った。結果は大差で当選し、債務者救済の支持者が両院を支配した。ケンタッキー州控訴裁判所が、デシェイと州議会の大半が推進した債務者救済法を覆した後で、議会は裁判所を廃し、代わりの裁判所を創って、デシェイが支持者を判事に指名した。旧裁判所はこの異動の合法性認定を拒否し、旧裁判所対新裁判所論争と呼ばれた期間に、州内に最終審が2つ存在することになった。デシェイは州知事に当選したときに人気があったが、その任期中に起きた2つの論争で評判に傷が付いた。1つはトランシルベニア大学学長からホレス・ホリーを更迭したときのデシェイの役割についてだった。この大学の評議員会の宗教的保守派が、ホリーはリベラルに過ぎると反対したのに対し、デシェイのホリーに対する反対は、デシェイの政敵ヘンリー・クレイとホリーが友人だったことに基づいていた。1825年末の議会に対する演説でデシェイがホリーを厳しく批判した後、ホリーは辞任した。デシェイの息子アイザックが殺人罪に問われたときに、デシェイの評判に対する新たな打撃となった。デシェイの知事としての影響力もあって、2回の有罪判決が覆された。3回目の裁判を待っている間にアイザックが自殺未遂を犯した後、デシェイは彼に恩赦を出した。これら論争に加えて、経済が好転し、デシェイの政敵側が1825年と1826年の州議会選挙で躍進することになった。議会はいわゆる「デシェイ裁判所」を廃止し、デシェイの拒否権も覆して、裁判所論争を終わらせた。デシェイは最後の抵抗で、州知事公邸の明け渡しを拒否すると脅したが、最後は黙諾し、後継者である国民共和党のトマス・メトカーフに知事職を渡した。その任期が切れるとき、公的生活からも引退し、1842年10月11日にケンタッキー州ジョージタウンの息子の家で死んだ。
rdfs:label
  • ジョセフ・デシェイ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is foaf:primaryTopic of