Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日) はイギリスのロンドン出身の建築家。お雇い外国人として来日し、政府関連の建物の設計を手がけた。また工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。のちに民間で建築設計事務所を開設し、財界関係者らの邸宅を数多く設計した。日本女性を妻とし、河鍋暁斎に師事して日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。「コンドル」はオランダ風の読み方で、「コンダー」の方が英語に近い。著書『造家必携』(1886年)には「ジョサイヤ・コンドル」とあり、政府公文書では「コンダー」「コンドル」が混在しているが、一般には「コンドル先生」で通っている。「コンデル」とも呼ばれた。
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1920-06-21 (xsd:date)
dbpedia-owl:significantBuilding
dbpedia-owl:significantDesign
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 126408 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10728 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58525270 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --09-28
prop-ja:birthPlace
  • ロンドン
prop-ja:caption
  • 建築學會発行「建築雑誌」より
prop-ja:deathDate
  • 1920-06-21 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 東京府東京市
prop-ja:imageSize
  • 170 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ジョサイア・コンドル
prop-ja:significantBuildings
  • 三菱一号館
  • 岩崎久弥茅町本邸
prop-ja:significantDesign
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジョサイア・コンドル(Josiah Conder、1852年9月28日 - 1920年6月21日) はイギリスのロンドン出身の建築家。お雇い外国人として来日し、政府関連の建物の設計を手がけた。また工部大学校(現・東京大学工学部建築学科)の教授として辰野金吾ら、創成期の日本人建築家を育成し、明治以後の日本建築界の基礎を築いた。のちに民間で建築設計事務所を開設し、財界関係者らの邸宅を数多く設計した。日本女性を妻とし、河鍋暁斎に師事して日本画を学び、日本舞踊、華道、落語といった日本文化にも大いに親しみ、趣味に生きた人でもあった。「コンドル」はオランダ風の読み方で、「コンダー」の方が英語に近い。著書『造家必携』(1886年)には「ジョサイヤ・コンドル」とあり、政府公文書では「コンダー」「コンドル」が混在しているが、一般には「コンドル先生」で通っている。「コンデル」とも呼ばれた。
rdfs:label
  • ジョサイア・コンドル
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジョサイア・コンドル
is dbpedia-owl:architect of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:建築家と技術者 of
is prop-ja:建築家・技術者 of
is prop-ja:設計者 of
is prop-ja:関係する人物 of
is foaf:primaryTopic of