Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョアン1世(João I, o de Boa Memória, 1357年4月11日 - 1433年8月14日、在位:1385年 - 1433年)は、ポルトガル王国アヴィス王朝の創始者。ペドロ1世の庶子で、フェルナンド1世の異母弟。エンリケ航海王子の父に当たる。父王の3番目の王妃イネス・デ・カストロの死後、妾妃テレサ・ロレンソとの間に誕生した。武勇に優れ、青年期はアヴィス騎士団の総長を務めていた。1383年、異母兄フェルナンド1世が死去すると、その王妃レオノール・テレスと貴族による専制政治が始まる。それに対してジョアン1世は反王妃派に支持され、ポルトガル王国内における勢力基盤を築き上げた。一方、このようなポルトガルの乱れを見たカスティーリャ国王フアン1世は、先王とレオノール・テレスの娘ベアトリスの婿であることを理由にポルトガルへ侵攻した。ジョアン1世はこれをリスボンで迎え撃って撃退し、国民から救国の英雄として讃えられるにまで至った。レオノール・テレスは摂政を辞任したが、フアン1世に背いたことが発覚し、トルデシリャスの修道院に幽閉された。そして1385年、コルテス(身分制議会)においてカスティーリャ軍を撃退した功績を評価されて、ジョアン1世はポルトガル王に選出された。同年8月、フアン1世が再度侵攻してきたが、アルジュバロータの戦いでこれを破った。さらにカスティーリャ王国の背後に同盟国フランスがいるのに対抗して、1386年にイングランドとウィンザー条約を結んで同盟した。1387年2月2日に、この同盟の証としてジョン・オブ・ゴーントの娘フィリッパとポルトで結婚した。2人の間に生まれた王子たちはいずれも優秀であった。ブランカ(1388年 - 1389年)アルフォンソ(1390年 - 1400年)ドゥアルテ(1391年 - 1438年) 王位を継承した。ジョン・オブ・ゴーントの父エドワード3世にちなんで名付けられた。学究者として多く著書を出している。ペドロ(1392年 - 1449年) コインブラ公。学問と外国旅行を好み、後に卓越した政治家となって摂政を務めた。エンリケ(1394年 - 1460年) エンリケ航海王子として知られ、近代探検の父と呼ばれる。イザベル(1397年 - 1471年) ブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)と結婚し、シャルル突進公を生んだ。ブランカ(1398年)ジョアン(1400年 - 1442年) - ポルトガル軍総司令官、サンティアゴ・ダ・エスパーダ騎士団総長。フェルナンド(1402年 - 1443年) アヴィス騎士団総長。モロッコ遠征での自己犠牲により、聖人に祀られた。他にもイネス・ペレス・エステヴェスとの間の庶子に、ブラガンサ家の祖となった初代ブラガンサ公アフォンソなどがいる。1411年、カスティーリャ王国と和睦を結んで側背の脅威を排除すると、いよいよ積極的な勢力拡大に乗り出した。1415年、エンリケ航海王子と共にモロッコに進出し、同地に勢力を拡大したのである。その後も、積極的な勢力拡大に努めてポルトガルの全盛期の基礎を築き上げた。1433年、77歳で死去した。政治・軍事の多くに成功を収め、ポルトガルの全盛期の基礎を築き上げたことから「大王」と呼ばれている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 176284 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2170 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 58 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53165910 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョアン1世(João I, o de Boa Memória, 1357年4月11日 - 1433年8月14日、在位:1385年 - 1433年)は、ポルトガル王国アヴィス王朝の創始者。ペドロ1世の庶子で、フェルナンド1世の異母弟。エンリケ航海王子の父に当たる。父王の3番目の王妃イネス・デ・カストロの死後、妾妃テレサ・ロレンソとの間に誕生した。武勇に優れ、青年期はアヴィス騎士団の総長を務めていた。1383年、異母兄フェルナンド1世が死去すると、その王妃レオノール・テレスと貴族による専制政治が始まる。それに対してジョアン1世は反王妃派に支持され、ポルトガル王国内における勢力基盤を築き上げた。一方、このようなポルトガルの乱れを見たカスティーリャ国王フアン1世は、先王とレオノール・テレスの娘ベアトリスの婿であることを理由にポルトガルへ侵攻した。ジョアン1世はこれをリスボンで迎え撃って撃退し、国民から救国の英雄として讃えられるにまで至った。レオノール・テレスは摂政を辞任したが、フアン1世に背いたことが発覚し、トルデシリャスの修道院に幽閉された。そして1385年、コルテス(身分制議会)においてカスティーリャ軍を撃退した功績を評価されて、ジョアン1世はポルトガル王に選出された。同年8月、フアン1世が再度侵攻してきたが、アルジュバロータの戦いでこれを破った。さらにカスティーリャ王国の背後に同盟国フランスがいるのに対抗して、1386年にイングランドとウィンザー条約を結んで同盟した。1387年2月2日に、この同盟の証としてジョン・オブ・ゴーントの娘フィリッパとポルトで結婚した。2人の間に生まれた王子たちはいずれも優秀であった。ブランカ(1388年 - 1389年)アルフォンソ(1390年 - 1400年)ドゥアルテ(1391年 - 1438年) 王位を継承した。ジョン・オブ・ゴーントの父エドワード3世にちなんで名付けられた。学究者として多く著書を出している。ペドロ(1392年 - 1449年) コインブラ公。学問と外国旅行を好み、後に卓越した政治家となって摂政を務めた。エンリケ(1394年 - 1460年) エンリケ航海王子として知られ、近代探検の父と呼ばれる。イザベル(1397年 - 1471年) ブルゴーニュ公フィリップ3世(善良公)と結婚し、シャルル突進公を生んだ。ブランカ(1398年)ジョアン(1400年 - 1442年) - ポルトガル軍総司令官、サンティアゴ・ダ・エスパーダ騎士団総長。フェルナンド(1402年 - 1443年) アヴィス騎士団総長。モロッコ遠征での自己犠牲により、聖人に祀られた。他にもイネス・ペレス・エステヴェスとの間の庶子に、ブラガンサ家の祖となった初代ブラガンサ公アフォンソなどがいる。1411年、カスティーリャ王国と和睦を結んで側背の脅威を排除すると、いよいよ積極的な勢力拡大に乗り出した。1415年、エンリケ航海王子と共にモロッコに進出し、同地に勢力を拡大したのである。その後も、積極的な勢力拡大に努めてポルトガルの全盛期の基礎を築き上げた。1433年、77歳で死去した。政治・軍事の多くに成功を収め、ポルトガルの全盛期の基礎を築き上げたことから「大王」と呼ばれている。
rdfs:label
  • ジョアン1世 (ポルトガル王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:commander of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of