Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコ(João Gonçalves Zarco, 1390年頃 - 1470年頃)はポルトガルの航海者、探検家である。ポルトガルの船団としては初めて、マデイラ諸島に到達した。エンリケ航海王子に仕える貴族であり、船団を率いて探検行を行い、1419年にトリスタン・ヴァス・テイシェイラとともにポルト・サント島、次いで1420年にはバルトロメウ・ペレストレロとともにマデイラ島を発見した。この報酬として、カピタニアという制度の下、マデイラ島の半分を相続可能な領地として与えられた。以後、テイシェイラ、ペレストレロとともに、マデイラ諸島の植民地化を行った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 464694 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46888145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2012 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1470年没
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコ(João Gonçalves Zarco, 1390年頃 - 1470年頃)はポルトガルの航海者、探検家である。ポルトガルの船団としては初めて、マデイラ諸島に到達した。エンリケ航海王子に仕える貴族であり、船団を率いて探検行を行い、1419年にトリスタン・ヴァス・テイシェイラとともにポルト・サント島、次いで1420年にはバルトロメウ・ペレストレロとともにマデイラ島を発見した。この報酬として、カピタニアという制度の下、マデイラ島の半分を相続可能な領地として与えられた。以後、テイシェイラ、ペレストレロとともに、マデイラ諸島の植民地化を行った。
rdfs:label
  • ジョアン・ゴンサルヴェス・ザルコ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of