Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュール=トムソン効果(ジュール=トムソンこうか、英: Joule-Thomson effect)とは、多孔質壁を通して圧力差を保ちながら膨張させた時に温度が変化することである。この膨張の過程はジュール=トムソン膨張(英: Joule-Thomson expansion)と呼ばれる。温度が低下するか、上昇するかは膨張前の温度によって決まり、逆転温度を境にして変化する。この現象は気体の液化などに応用されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 63480 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3893 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59011678 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:si
  • ケルビン毎パスカル(K/Pa)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ジュール=トムソン係数
prop-ja:次元
  • L E Θ
prop-ja:英語
  • Joule-Thomson coefficient
prop-ja:
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジュール=トムソン効果(ジュール=トムソンこうか、英: Joule-Thomson effect)とは、多孔質壁を通して圧力差を保ちながら膨張させた時に温度が変化することである。この膨張の過程はジュール=トムソン膨張(英: Joule-Thomson expansion)と呼ばれる。温度が低下するか、上昇するかは膨張前の温度によって決まり、逆転温度を境にして変化する。この現象は気体の液化などに応用されている。
rdfs:label
  • ジュール=トムソン効果
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:knownFor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:knownFor of
is foaf:primaryTopic of