Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュール・サルヴァドール・モック(Jules Salvador Moch、1893年3月15日 - 1985年8月1日)は、フランスの政治家。パリ出身。エコール・ポリテクニーク卒業。旧フランス社会党(SFIO)に入党し、1928年ドローム県から総選挙に立候補し当選する。1937年からはエロー県選出。1937年レオン・ブルム人民戦線内閣で総理府副長官に任命される。1938年第二次ブルム内閣の運輸・公共事業相。スペイン内戦に関しては人民戦線に対して支援を主張した。また、ミュンヘン会談での対独宥和政策には反対を表明した。第二次世界大戦中は、レジスタンス運動に身を投じた。1944年フランス臨時政府の諮問議会議員に選出される。1945年憲法制定国民議会議員を経て、1946年下院国民議会議員に当選する。内相、国防相などを歴任した。1985年8月1日南仏のアルプ=マリティーム県、カブリスCabrisで死去。92歳。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1167476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1624 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46876887 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジュール・サルヴァドール・モック(Jules Salvador Moch、1893年3月15日 - 1985年8月1日)は、フランスの政治家。パリ出身。エコール・ポリテクニーク卒業。旧フランス社会党(SFIO)に入党し、1928年ドローム県から総選挙に立候補し当選する。1937年からはエロー県選出。1937年レオン・ブルム人民戦線内閣で総理府副長官に任命される。1938年第二次ブルム内閣の運輸・公共事業相。スペイン内戦に関しては人民戦線に対して支援を主張した。また、ミュンヘン会談での対独宥和政策には反対を表明した。第二次世界大戦中は、レジスタンス運動に身を投じた。1944年フランス臨時政府の諮問議会議員に選出される。1945年憲法制定国民議会議員を経て、1946年下院国民議会議員に当選する。内相、国防相などを歴任した。1985年8月1日南仏のアルプ=マリティーム県、カブリスCabrisで死去。92歳。
rdfs:label
  • ジュール・モック
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of