Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュリア・ファルネーゼ(Giulia Farnese、1474年 - 1524年3月23日)は、ローマ教皇アレクサンデル6世の愛妾の1人。「麗しのジュリア」を意味するジュリア・ラ・ベッラ(Giulia la bella)と呼ばれた。ロレンツォ・プッチは彼女を「最上の目の保養」と呼び、アレクサンデル6世の息子チェーザレ・ボルジアは彼女について「暗い色をしたその黒い瞳は、丸みを帯びた顔に独特の情熱を与えている」と述べている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1829343 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 51 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49890507 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジュリア・ファルネーゼ(Giulia Farnese、1474年 - 1524年3月23日)は、ローマ教皇アレクサンデル6世の愛妾の1人。「麗しのジュリア」を意味するジュリア・ラ・ベッラ(Giulia la bella)と呼ばれた。ロレンツォ・プッチは彼女を「最上の目の保養」と呼び、アレクサンデル6世の息子チェーザレ・ボルジアは彼女について「暗い色をしたその黒い瞳は、丸みを帯びた顔に独特の情熱を与えている」と述べている。
rdfs:label
  • ジュリア・ファルネーゼ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of