Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュモンヴィルグレンの戦い(ジュモンヴィルグレンのたたかい、英: Battle of Jumonville Glen)またはジュモンヴィル事件(Jumonville affair)は1754年5月28日の戦闘で、フレンチ・インディアン戦争の最初の戦いである。現在の、ペンシルべニア州ユニオンタウンの近くで、ジョージ・ワシントン率いるバージニア植民地軍、および同盟軍であるミンゴ族の兵が、ジョゼフ・クーロン・ド・ヴィリエ・ド・ジュモンヴィユ率いるヌーベルフランスの民兵を待ち伏せした。元々イギリスが、オハイオ川の起点の地域(現在のピッツバーグ)に砦を建設していたところ、フランスこの地が領有を主張し、これを受けてバージニア植民地軍が、フランス兵の野営地を取り囲んだもので、フランス軍に数名の戦死者が出、大部分が捕虜となった。ジュモンヴィユも殺害されたが、このことは今なお議論の争点となっている。これにより七年戦争の火ぶたが切られ、ワシントンはこの戦いの後、ネセシティ砦の戦いで、再びヌーベルフランス軍と対戦することになった。この時ワシントンは降伏し、降伏文書に署名したが、フランス語の文書の意味を把握できないまま「ジュモンヴィユは暗殺された」とする旨に同意したこととなり、このため、ワシントンがジュモンヴィユ暗殺を企んだという非難が浴びせられることになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2464120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 15123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57046145 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
prop-ja:casualties
  • 戦死1
  • 報告多岐にわたる、殆どが捕囚もしくは戦死
  • 負傷2または3
prop-ja:combatant
prop-ja:commander
  • ジョージ・ワシントン
  • ジョゼフ・クーロン・ド・
  • タナチャリゾン
  • ヴィリエ・ド・ジュモンヴィユ
prop-ja:conflict
  • ジュモンヴィルグレンの戦い
prop-ja:date
  • --05-28
prop-ja:latitude
  • 39.810000 (xsd:double)
prop-ja:longitude
  • -79.590000 (xsd:double)
prop-ja:mapCaption
  • ペンシルベニア州
prop-ja:mapLabel
  • ジュモンヴィルグレン
prop-ja:mapSize
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:mapType
  • USA Pennsylvania
prop-ja:partof
prop-ja:place
  • 現在のペンシルベニア州ユニオンタウン近く
prop-ja:result
prop-ja:strength
  • バージニア植民地民兵40
  • ミンゴ族兵12
  • 兵士35
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 39.81413888888889 -79.58710555555555
rdf:type
rdfs:comment
  • ジュモンヴィルグレンの戦い(ジュモンヴィルグレンのたたかい、英: Battle of Jumonville Glen)またはジュモンヴィル事件(Jumonville affair)は1754年5月28日の戦闘で、フレンチ・インディアン戦争の最初の戦いである。現在の、ペンシルべニア州ユニオンタウンの近くで、ジョージ・ワシントン率いるバージニア植民地軍、および同盟軍であるミンゴ族の兵が、ジョゼフ・クーロン・ド・ヴィリエ・ド・ジュモンヴィユ率いるヌーベルフランスの民兵を待ち伏せした。元々イギリスが、オハイオ川の起点の地域(現在のピッツバーグ)に砦を建設していたところ、フランスこの地が領有を主張し、これを受けてバージニア植民地軍が、フランス兵の野営地を取り囲んだもので、フランス軍に数名の戦死者が出、大部分が捕虜となった。ジュモンヴィユも殺害されたが、このことは今なお議論の争点となっている。これにより七年戦争の火ぶたが切られ、ワシントンはこの戦いの後、ネセシティ砦の戦いで、再びヌーベルフランス軍と対戦することになった。この時ワシントンは降伏し、降伏文書に署名したが、フランス語の文書の意味を把握できないまま「ジュモンヴィユは暗殺された」とする旨に同意したこととなり、このため、ワシントンがジュモンヴィユ暗殺を企んだという非難が浴びせられることになった。
rdfs:label
  • ジュモンヴィルグレンの戦い
owl:sameAs
geo:lat
  • 39.814140 (xsd:float)
geo:long
  • -79.587105 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of