Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュディッタ(ドイツ語:Giuditta)は、フランツ・レハールが1933年に作曲し、1934年1月20日、レハール作品として初めてウィーン国立歌劇場で初演された全五幕のオペレッタである。台本はパウル・クネープラー(Paul Knepler)及びフリッツ・レーナー=ベーダ(Fritz Löhner-Beda)。ストーリーは、地中海沿岸の港町(スペイン・ポルトガルと推測される)と北アフリカを舞台に、外人部隊の大尉オクターヴィオと彼が駐屯する地中海沿岸の港町の人妻ジュディッタの恋の顛末を描いたもの。この作品は、本来オペラとして書かれたもので、当時オペラ界の大スターで初演において主役オクタービオを演じたリヒャルト・タウバーのために書かれた。そのためテノールの見せ場が多い。特に第1幕でオクターヴィオの登場シーンで歌われる「友よ、人生は生きる価値がある」(Freude, das Leben ist lebenwert)は今も演奏会などで独立して演奏されるほどよく知られている。他にも第4幕でジュディッタが歌う「私は自分自身が分からない」(Ich weiß es selber nicht)など、地中海や北アフリカのエキゾチックな雰囲気がよく出た情熱的なメロディーが美しい。なお、この作品以後レハールは筆を折ったため、彼の最後の作品でもある。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 332374 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3489 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 24 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58668322 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジュディッタ(ドイツ語:Giuditta)は、フランツ・レハールが1933年に作曲し、1934年1月20日、レハール作品として初めてウィーン国立歌劇場で初演された全五幕のオペレッタである。台本はパウル・クネープラー(Paul Knepler)及びフリッツ・レーナー=ベーダ(Fritz Löhner-Beda)。ストーリーは、地中海沿岸の港町(スペイン・ポルトガルと推測される)と北アフリカを舞台に、外人部隊の大尉オクターヴィオと彼が駐屯する地中海沿岸の港町の人妻ジュディッタの恋の顛末を描いたもの。この作品は、本来オペラとして書かれたもので、当時オペラ界の大スターで初演において主役オクタービオを演じたリヒャルト・タウバーのために書かれた。そのためテノールの見せ場が多い。特に第1幕でオクターヴィオの登場シーンで歌われる「友よ、人生は生きる価値がある」(Freude, das Leben ist lebenwert)は今も演奏会などで独立して演奏されるほどよく知られている。他にも第4幕でジュディッタが歌う「私は自分自身が分からない」(Ich weiß es selber nicht)など、地中海や北アフリカのエキゾチックな雰囲気がよく出た情熱的なメロディーが美しい。なお、この作品以後レハールは筆を折ったため、彼の最後の作品でもある。
rdfs:label
  • ジュディッタ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of