Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジュゼッペ・カスティリオーネ(Giuseppe Castiglione、1688年7月19日 - 1766年7月17日)は、イタリア生まれのイエズス会の宣教師である。中国名は郎世寧(ろうせいねい Láng Shìníng)。ミラノに生まれる。1709年にイエズス会の会士となり、1715年には清朝時代の中国へわたる。西洋画の技法を中国へ伝え、美術や建築に影響を与える。清朝の宮廷画家として、康熙帝、雍正帝、乾隆帝に仕える。バロック様式を取り入れた離宮である円明園を設計。絵画作品では乾隆帝大閲図、ジュンガル討伐戦の情景画、香妃肖像画などが有名。清史稿列伝に「郎世寧伝」がある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 272428 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2002 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58807437 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジュゼッペ・カスティリオーネ(Giuseppe Castiglione、1688年7月19日 - 1766年7月17日)は、イタリア生まれのイエズス会の宣教師である。中国名は郎世寧(ろうせいねい Láng Shìníng)。ミラノに生まれる。1709年にイエズス会の会士となり、1715年には清朝時代の中国へわたる。西洋画の技法を中国へ伝え、美術や建築に影響を与える。清朝の宮廷画家として、康熙帝、雍正帝、乾隆帝に仕える。バロック様式を取り入れた離宮である円明園を設計。絵画作品では乾隆帝大閲図、ジュンガル討伐戦の情景画、香妃肖像画などが有名。清史稿列伝に「郎世寧伝」がある。
rdfs:label
  • ジュゼッペ・カスティリオーネ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is foaf:primaryTopic of