Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン2世(Jean II, 1247年 - 1304年8月22日)は、エノー伯(在位:1280年 - 1304年)。後に母の縁でホラント伯、ゼーラント伯領も獲得した(在位:1299年 - 1304年)。父はエノー伯ジャン1世、母はホラント伯フロリス4世の娘アーデルハイト。1257年に父が死去したが、祖母のフランドル女伯マルグリット2世が復位した為、1280年の祖母の死によってエノー伯を継承した。1299年、従甥のホラント伯ヤン1世が子の無いまま没したので、ホラント伯も手に入れた。叔父のフランドル伯ギー・ド・ダンピエールに対抗するため、フランス王フィリップ4世の援助を求めた。フィリップ4世もこれに応え、1300年にギーを捕らえ、フランスに併合した。ジャン2世も勢力を伸ばし、1301年に弟のギーをユトレヒト司教に立てた。しかしフランドル市民が反抗、金拍車の戦いでフランス軍を打ち破られ、長男のジャンを失った。更にブラバント公ジャン2世に攻め込まれ、ホラント、ゼーラントのほとんどを奪い取られた。そして1304年に捕虜になり、ヴァランシエンヌに連れて行かれ、失意のうちに亡くなった。後に三男のギヨームが奪回、1323年に領有を認められた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2032197 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1641 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49483634 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン2世(Jean II, 1247年 - 1304年8月22日)は、エノー伯(在位:1280年 - 1304年)。後に母の縁でホラント伯、ゼーラント伯領も獲得した(在位:1299年 - 1304年)。父はエノー伯ジャン1世、母はホラント伯フロリス4世の娘アーデルハイト。1257年に父が死去したが、祖母のフランドル女伯マルグリット2世が復位した為、1280年の祖母の死によってエノー伯を継承した。1299年、従甥のホラント伯ヤン1世が子の無いまま没したので、ホラント伯も手に入れた。叔父のフランドル伯ギー・ド・ダンピエールに対抗するため、フランス王フィリップ4世の援助を求めた。フィリップ4世もこれに応え、1300年にギーを捕らえ、フランスに併合した。ジャン2世も勢力を伸ばし、1301年に弟のギーをユトレヒト司教に立てた。しかしフランドル市民が反抗、金拍車の戦いでフランス軍を打ち破られ、長男のジャンを失った。更にブラバント公ジャン2世に攻め込まれ、ホラント、ゼーラントのほとんどを奪い取られた。そして1304年に捕虜になり、ヴァランシエンヌに連れて行かれ、失意のうちに亡くなった。後に三男のギヨームが奪回、1323年に領有を認められた。
rdfs:label
  • ジャン2世 (エノー伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of