Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン=ロベール・ピット(Jean-Robert Pitte、1949年8月12日 - )は、パリ生まれのフランスの地理学者。ピットは景観と食文化の専門家であり、パリ地理学会会長、国際地理学フェスティバル開発協会 (l'Association pour le développement du Festival international de géographie (FIG)) 会長、食の遺産と文化のフランス委員会 (Mission française du patrimoine et des cultures alimentaires (MFPCA)) 委員長を務めており、さらに、シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ (Château du Clos de Vougeot) で開催される『Livres en Vignes(ワインの本)』祭の代表者でもある。2011年には、フランス・ワイン・アカデミー (Académie du vin de France) 会長となった。2008年3月3日、ピットはフランス学士院倫理・政治学アカデミー (Académie des sciences morales et politiques) 歴史・地理学部門の会員に1回目の投票で選出され、ピエール・ジョルジュ死去後の空席を埋めた。ピットは、2003年から2008年まで、パリ第4大学(パリ・ソルボンヌ)(Université Paris Sorbonne-Paris IV) の学長を務めた。ピットは、大学入学試験の堅持を求め、また、大学授業料の引き上げを求める立場から論陣を張り、これによって生じる影響を緩和するために奨学金の引き上げと、所得に応じた負担の調整を行なうべきだと主張した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2834454 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10926 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 141 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55795508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン=ロベール・ピット(Jean-Robert Pitte、1949年8月12日 - )は、パリ生まれのフランスの地理学者。ピットは景観と食文化の専門家であり、パリ地理学会会長、国際地理学フェスティバル開発協会 (l'Association pour le développement du Festival international de géographie (FIG)) 会長、食の遺産と文化のフランス委員会 (Mission française du patrimoine et des cultures alimentaires (MFPCA)) 委員長を務めており、さらに、シャトー・デュ・クロ・ド・ヴージョ (Château du Clos de Vougeot) で開催される『Livres en Vignes(ワインの本)』祭の代表者でもある。2011年には、フランス・ワイン・アカデミー (Académie du vin de France) 会長となった。2008年3月3日、ピットはフランス学士院倫理・政治学アカデミー (Académie des sciences morales et politiques) 歴史・地理学部門の会員に1回目の投票で選出され、ピエール・ジョルジュ死去後の空席を埋めた。ピットは、2003年から2008年まで、パリ第4大学(パリ・ソルボンヌ)(Université Paris Sorbonne-Paris IV) の学長を務めた。ピットは、大学入学試験の堅持を求め、また、大学授業料の引き上げを求める立場から論陣を張り、これによって生じる影響を緩和するために奨学金の引き上げと、所得に応じた負担の調整を行なうべきだと主張した。
rdfs:label
  • ジャン=ロベール・ピット
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of