Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン=バティスト・グルーズ (Jean-Baptiste Greuze, 1725年8月21日 - 1805年3月4日)は、フランスの画家。宮廷風俗を描いた同時代の他の画家と違い,市民生活に題材を求めた風俗画を多く描いた。当時は絶大な人気を誇っていたが、その後18世紀の忘れられた画家として低い評価を受けた。
dbpedia-owl:deathDate
  • 1805-03-04 (xsd:date)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 876398 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2058 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51709785 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 『自画像』(1769年頃) ルーヴル美術館蔵
prop-ja:deathdate
  • 1805-03-04 (xsd:date)
prop-ja:location
prop-ja:name
  • ジャン=バティスト・グルーズJean-Baptiste Greuze
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジャン=バティスト・グルーズ (Jean-Baptiste Greuze, 1725年8月21日 - 1805年3月4日)は、フランスの画家。宮廷風俗を描いた同時代の他の画家と違い,市民生活に題材を求めた風俗画を多く描いた。当時は絶大な人気を誇っていたが、その後18世紀の忘れられた画家として低い評価を受けた。
rdfs:label
  • ジャン=バティスト・グルーズ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジャン=バティスト・グルーズJean-Baptiste Greuze
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of