Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン・ド・ヴァロワ(Jean de Valois)またはジャン・ド・フランス(Jean de France, 1398年8月31日 - 1417年4月5日)は、フランス王シャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの息子。四男であり、かつ4人目の王太子(ドーファン)となった。はじめトゥーレーヌ公、のちにベリー公などに叙された。ネーデルラントの諸伯領の相続人となるジャクリーヌ・ド・エノーと1406年に婚約し、義父であり下バイエルン=シュトラウビンク公およびエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯であるヴィルヘルムの元、ル・ケスノワ(現フランス領フランドル、ノール県の町)で育った。1415年にジャンはジャクリーヌと正式に結婚したが、同年に兄である王太子ルイが早世したため、ジャンは新たに王太子となった。しかしそれから1年数ヶ月後に自身も18歳で死去し、コンピエーニュに埋葬された。弟シャルルが5人目の王太子となり、のちにシャルル7世として即位した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1922710 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 990 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47334914 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン・ド・ヴァロワ(Jean de Valois)またはジャン・ド・フランス(Jean de France, 1398年8月31日 - 1417年4月5日)は、フランス王シャルル6世と王妃イザボー・ド・バヴィエールの息子。四男であり、かつ4人目の王太子(ドーファン)となった。はじめトゥーレーヌ公、のちにベリー公などに叙された。ネーデルラントの諸伯領の相続人となるジャクリーヌ・ド・エノーと1406年に婚約し、義父であり下バイエルン=シュトラウビンク公およびエノー伯、ホラント伯、ゼーラント伯であるヴィルヘルムの元、ル・ケスノワ(現フランス領フランドル、ノール県の町)で育った。1415年にジャンはジャクリーヌと正式に結婚したが、同年に兄である王太子ルイが早世したため、ジャンは新たに王太子となった。しかしそれから1年数ヶ月後に自身も18歳で死去し、コンピエーニュに埋葬された。弟シャルルが5人目の王太子となり、のちにシャルル7世として即位した。
rdfs:label
  • ジャン・ド・ヴァロワ (トゥーレーヌ公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of