Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン・ド・リュクサンブール(Jean de Luxembourg(-Ligny), 1370年 - 1397年)は、北フランスのボールヴォワールとリシュブール(Richebourg)の領主(1371年 - 1397年)。結婚によりブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯(1394年 - 1397年)を相続した。ブリエンヌ伯としては「ジャン2世(Jean II)」と数えられる。サン=ポル伯およびリニー伯ギーとその妻マオー・ド・シャティヨンの間の息子。1387年、ブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯ルイ1世の娘マルグリット・ダンギャン(1393年9月19日以降没)と結婚し、間に5人の子女をもうけた。ピエール(1390年 - 1433年) - ブリエンヌ伯、コンヴェルサーノ伯、サン=ポル伯ルイ(1391年 - 1443年) - テルアーヌ司教、ルーアン大司教、枢機卿ジャン(1392年 - 1441年)- ギーズ伯、リニー伯カトリーヌ(生没年不明)ジャンヌ(? - 1420年) - ルイ・ド・ジステル(Louis de Ghistelles)と結婚、ヘント城伯ジャン4世と再婚↑
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2711587 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1463 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49483574 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン・ド・リュクサンブール(Jean de Luxembourg(-Ligny), 1370年 - 1397年)は、北フランスのボールヴォワールとリシュブール(Richebourg)の領主(1371年 - 1397年)。結婚によりブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯(1394年 - 1397年)を相続した。ブリエンヌ伯としては「ジャン2世(Jean II)」と数えられる。サン=ポル伯およびリニー伯ギーとその妻マオー・ド・シャティヨンの間の息子。1387年、ブリエンヌ伯およびコンヴェルサーノ伯ルイ1世の娘マルグリット・ダンギャン(1393年9月19日以降没)と結婚し、間に5人の子女をもうけた。ピエール(1390年 - 1433年) - ブリエンヌ伯、コンヴェルサーノ伯、サン=ポル伯ルイ(1391年 - 1443年) - テルアーヌ司教、ルーアン大司教、枢機卿ジャン(1392年 - 1441年)- ギーズ伯、リニー伯カトリーヌ(生没年不明)ジャンヌ(? - 1420年) - ルイ・ド・ジステル(Louis de Ghistelles)と結婚、ヘント城伯ジャン4世と再婚↑
rdfs:label
  • ジャン・ド・リュクサンブール (ブリエンヌ伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of