Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジャン・ド・リュクサンブール(Jean de Luxembourg, 1436年頃 - 1476年6月22日)は、フランスの貴族、軍人。マルル伯およびソワソン伯。ブルゴーニュ公国に軍指揮官として仕えた。サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の長男として生まれた。1462年の母の死と共に2つの伯爵領を相続した。フィリップ善良公、シャルル突進公の2代のブルゴーニュ公に軍指揮官として仕え、1471年よりブルゴーニュ軍の殿軍大将を務め 、1473年に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。1476年、スイス八邦同盟とのムルテンの戦いで討死した。独身で子供がいなかったため、マルルとソワソンの伯爵領は弟のサン=ポル伯ピエール2世が継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2713206 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1328 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47334912 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ジャン・ド・リュクサンブール(Jean de Luxembourg, 1436年頃 - 1476年6月22日)は、フランスの貴族、軍人。マルル伯およびソワソン伯。ブルゴーニュ公国に軍指揮官として仕えた。サン=ポル伯ルイとその最初の妻のマルル女伯・ソワソン女伯ジャンヌの間の長男として生まれた。1462年の母の死と共に2つの伯爵領を相続した。フィリップ善良公、シャルル突進公の2代のブルゴーニュ公に軍指揮官として仕え、1471年よりブルゴーニュ軍の殿軍大将を務め 、1473年に金羊毛騎士団の騎士に叙任された。1476年、スイス八邦同盟とのムルテンの戦いで討死した。独身で子供がいなかったため、マルルとソワソンの伯爵領は弟のサン=ポル伯ピエール2世が継いだ。
rdfs:label
  • ジャン・ド・リュクサンブール (ソワソン伯)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of